screw log 3.5

ねじくんの山梨編

--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02
28

Deflation: (しょぼぼぼーん)



おきたらエアベッドがすっかりしぼんでいた。どこか穴を開けてしまったのだろうかと心配したけど単に空気穴のキャップが開いてた。最初に空気を入れるときは、電動の空気入れがあるのでそれで1分もしないで入れられる。でもそれは車のシガレットソケットに繋いで入れるもので、ねじくんカーにはついてない。そこで変換バッテリーもホストに借りてたんだけど、それはもう返してしまった。しかたないので口直接入れた。アナログってのは結構大変なのね。すこし時間かかったけど、酸欠にもほっぺが痛くなったりせずよかった。機材使わなくてもできるというのを知るのはいいことだ。

引越ししてからコーヒーショップに行かなくなったな。部屋のほうがよりくつろげるからだろうか。家でも十分それっぽいラテが飲めることがわかったことも大きいのかも。水と牛乳1対1で温めて沸騰したらインスタントコーヒーもしくはティーバックと砂糖を好みで入れて、最後にホイップクリームを乗せれば結構それっぽいのが出来る。

そんなわけで、今月は毎日更新成功。

スポンサーサイト
02
27

Corn Bread: (楽しいオーブン)

今日はコーンブレッドを作った。作り方はいたって簡単でコーンブレッドの素に水を混ぜてオーブンで焼くだけ。香りが大判焼きに似ていてとってもおいしい。ゼリーやマフィンを作るときもそうなんだけど一個だけ注意しないといけないのが1カップの量だ。アメリカは1カップというと237mlなのだ。日本はちなみに200mlとなっている。ただ日本の場合は1カップという表示のあとに200mlという説明も入れてることが多いと思うので、1カップの量がどれほどか意識する必要はあんまりないと思うけど、アメリカのは1カップという表示しかないのできちんと覚えておかないと困る。まあ計量カップがあればいいんだけど、ねじくんは炊飯器の計量カップしかないので常に1カップ=240mlを意識してる。

02
26

Burn a Pan: (ナベを焦がす)

朝つくったホットミルクティがナベに残ってたので、温め直そうとおもって、ちょっとそのあいだに部屋に戻ってぼけっとしたらすっかりそのナベのことを忘れてしまった。しばらくするとキッチンの方から煙たい臭いがしてきて思い出した。あ、ミルクティを温めてたんだっけ!

あわててオーブンへ。電気コンロなので火事にはなってなかったけど安全装置とかはないようで、コンロはいまだに真っ赤だった。スイッチを切ってナベをよけた。ナベの外側は噴出したミルクで焦げてた。蓋をあけるとモクモクと煙が・・・そして中はコゲで真っ黒!!やってしまったー。ひとまずナベを水につける。モクモクと煙が~~~。リビングとベッドルームの窓を開けて換気扇を回す。それでも部屋の焦げ臭さがなかなか部屋から抜けないし、窓を開けるので寒い。

コンロの電熱線部分を外しカバーもコゲつきの対処を試みるもスポンジではいくらこすっても効果なし。ペーパーにスプレーして湿布。1時間くらいして湿布を外しスポンジでこすりなんとかコゲを取り除くことに成功。でもナベの方は復帰不可能。さらにキッチンにおいて置くだけで部屋全体が焦げ臭くなるので、ゴミ袋を3重にして置いてある。

コゲの臭いが飛ぶのに丸一日かかった。いやー気をつけないと。前のホストの家でもお湯を沸かしてる間にネットをしてしまい、気づいてキッチンに行くとお湯がすっからかんになってたことがあって驚いたっけ。一人暮らしのナベのかけっぱなしはほんとに気をつけないと。

02
25

Finish: (始まり)

今夜は下の部屋がちょいうるさい。昨日ホストに引越し後初めてメールを出して引越し後一段楽したとの報告をした。そしたら今日返事が届いた。ホストマザーは良く食べるねじくんがいなくなったので、新しいレシピに挑戦したときやサラダを作ったときにちょっと寂しく思ってくれるらしい。冷蔵庫のタッパーの中のサラダはねじくんがほぼ9割がた食べてたので、引越し後はなくなるんじゃないかと思ってたけど、今も作ってるらしい。そして今度はじぶんももうちょっと(健康のために)食べないといけないな、って思ったらしい。最後に困ったときや夕飯が食べたくなったときはいつでも連絡して欲しいと書いてくれてた。とてもありがたい。ひとりになるととても心細いので、これからも連絡は取り続けたいと思う。

んなわけで、長い沈黙を終え、ようやくねじくん始動します。まだ始めてなかったのかよ、という突っ込みはいりません。こちらもいろいろ大変なのです。んなわけでこれからブログの本題となる職探しをいよいよはじめますー。いちおうやることはレジュメ、ホームページの作成、求人の登録、意中の会社にコンタクト、って感じかな。戦友からメールで新しい職が決まったと連絡が来たので、こちらもまけじと頑張らねば。親からも催促が・・・。

02
24

Fast Response: (すばやい対応)

今日の昼間ノックがあったので開けてみると、オフィスからの指示で部屋のチェックに来てくれた人だった。早速中に入ってもらった。うちは土足厳禁という連絡もきちんと受けていたようで、ブーツの上からビニールをかぶせて入室してくれた。まずはディスポーザーのチェック。スイッチ入れてもうんともすんとも言わなかったのが、機械の下のとこをちょっといじったら動くようになった。まああんまり使わないかもだけど。

次にキッチンの換気扇。これはクリーニングが必要らしく持ち帰るとのこと。ついでなのでバスルームの換気扇も見てもらった。おじさんはトイレットペーパーをちぎると換気扇にかざした。すると換気扇は動いてはいるものの、そのペーパーが全く動いていなかった。そこでこれは交換してくれることになった。

後日来るとのことだったんだけど、1時間もせずに戻ってきて交換してくれた。どちらの換気扇も快調に動くようになった。キッチンの羽付きライトに傘がないので、持ってきてくれたんだけど大きさが合わなかったみたいで、これはまた来週ということになった。冷蔵庫の扉の内側にバーが1つ足りなかったのでそれも持ってきてくれた。

月曜に連絡を受けてからだから正味4日、ディスポーザーについては1日経ってるわけだけど、感想としてはとてもすばやい対応だと思った。すべての問題について作業員にきちんと伝わってるのがちょっと感動した。アメリカの一番苦手なとこだと思ってたから。オフィスのおばさんはいつも暇そうだけど、きちんとやってくれてるんだなぁ、と関心した。

今日はスープを作った。野菜をどっさり入れて味はビーフブイヨンでつけたんだけど、そのあとに韓国ショップで買った辛みそ入れたら超うまくなった。あとゼリーもつくったりして。Jelloってブランドのグレープのゼリーの素とドールのパイナップルの缶詰で作ったんだけどこれが超うまかった。

02
23

Judgement: (オフィスの判断)

引っ越し始めての洗濯をした。部屋には洗濯・乾燥機は付いてないから、洗濯するときは部屋出て歩いて3分くらいのとこにあるランドリー室でやる。入り口はいると右側に洗濯機、左側に乾燥機がそれぞれ5機ずつ並んでいる。ランドリー室は計2個しかないんだけど、アパートは全部で少なくとも13棟あるので(ねじくんとこが13棟なので)、ちょっと少ないのでは?って感じもしなくもないけど、まあ足りるのだろう。洗濯機が1.25ドルで乾燥機が1ドル。服を乾燥機から出してみたらまだ湿ってた。もっかい乾燥するのはいやなので、続きは部屋で陰干し。

ポストのキーを貰ったので、集合ポストの自分の部屋番号のポストを開けると、VACANCY(不在)という赤い紙が入ってた。説明を読むと、新しい入居者はこの紙に入居者の情報を書いてポストに投函し、それにより郵便局員が配達出来るという仕組みになってるらしい。今日丁度洗濯に行くときに郵便局員が配達に来てたので、その人にその赤紙を渡してきた。

オフィスに行ってきた。契約書を見たら鍵の付け替えはできません、とあったので、とりあえず新しく鍵をつけたいと言いに行った。そしたら答えはノー。火事の時など緊急のときに鍵が一つでないといけない決まりがあるかららしい。なので了承して、ひとまずディスポーザーが動かないことだけ伝えておいた。んで早速部屋に戻り、つけたドアノブを元のものに付け直し。

ドアを閉めたまま始めたんだけど、締めたまま付け替えするとドアノブが回らなくなるので、内側から出れなくなるのでした。んで、もう一度ノブを付け直してネジを締めなおそうとするんだけど、内側のノブが外側のノブとの結合部(中心に筒のようなものがある)を押し出してしまい、ネジ穴が遠のくのでどうにもならない。テープで外側のノブを固定しようとするもテープがないので固定も出来ない。ちょっとやばいなー。

台所に太めの輪ゴムを発見。コレを使って外側のノブから出ている内側のノブとの接合部の筒に引っ掛け、下に引っ張ることで固定。あとは慎重に内側のノブを押し込む。なんとか成功。ネジを締めなおしてドアが無事開いた。新しいドアセットを取り外し元のに戻した。精神的につかれた。オフィスに電話はできたけど、それしたら付けてたのばれるし、とにかくあせった。

まあ考えてみれば部屋に盗まれるようなものはないんだよね。ノーパソが一番高いくらい。貴重品はスーツケースに入れて鍵してあるから大丈夫だし、財布は普段持ち歩くしね。

02
22

Table: (テーブルかった)



今日は友達とちょっとタコマまで。モールで買い物したあとに韓国ショップで安いテーブルを買ってきた。30ドル。高さはあんまり気にならないけどとにかく模様がいや。骨董品とかが周りにおいてあれば似合うデザインといえばわかるだろうか。なので、何かテーブルの上に敷く布とかを買いたいのだ。

昨日買ったキーホール付のドアノブを取り付けてみた。大きさが全く同じで新しくネジ穴を開ける必要もなくスムーズに取り付けられた。これで安心感が増した。まあ泥棒が入ったところで盗むものはないけど。ほんとは来訪者の確認のため、チェーンもしくはのぞき穴がほしいんだけど、新たに穴は空けられないだろうからこれは難しいかな。

夕飯は白菜買ったので他の野菜と肉であんかけを作ったんだけど、水溶き片栗粉の量やタイミングがよくわからず、あんかけのダマに野菜が絡まったようなあんかけ炒めものができた。火を切ってから水溶き片栗粉が正解だったかな。

友達曰く豆腐にもち粉を混ぜてゆでると白玉が出来るとのことで、材料かってさっそくやってみた。ねじくんは最後にゆでるというのを知らなくて、なんか白玉っぽくないなぁと水や牛乳を途中で混ぜたら?と余計な助言をしてしまい、とてもやわらかい水玉らしきものができた。きなこにつけて食べた。おいしかったけど、水や牛乳を混ぜなかったらどうなってたんだろうか。

韓国の店に入るとすこし気分がわるい。まだソウルレストランの一件は尾を引いてるようだ。アメリカで日本っぽい食生活をするには韓国ショップは欠かせないんだけど、なんか店に入るたびにちょっと不快になる。

02
21

Neji's Restaurant: (ねじくんレストラン)



友達が来た。昼は昨日のカレーの残りを食べて、夜もまだカレーを食べれたんだけど、まあ変えてみようかなと炒め物にした。サラダも一緒にパチリ。ちなみにテーブルがないので電子レンジの上にランチョンマットを敷いてます。

オーブンの動きを確認するためじゃないけど、生まれて初めてマフィンを作った。マフィンの元に水と卵、油を混ぜてこねて、入れ物に入れてオーブンへ。30分程度で完成。カップにいれずにケーキのように塊で焼いたので、見た目はケーキなんだけど、舌触りはマフィン。たべてみると普通に美味しいんだけどちょっと甘いなー。

シンクにディスポーザーがついてるんだけど、これが動かない。おまけに中で詰まったようで、水が流れていかない。中に手を突っ込んで細かなゴミを取り出す。流れるようになったので、今後つまらないように茶漉しみたいなのを排水口に置いた。取り出した手はなぜか車の作業でもしたかの様にオイルで黒く汚れてた。

夜ドアをドンドンドアをたたかれ、ちょっと怖かった。ドアにはキーが一つしかないので、夜友達を送るついでに防犯のためにウォルマートでキーホール付のドアノブを買ってきた。8ドル。合うかどうかは分からないけど。

02
20

Golden Curry: (カレー作ったよ)



今日は雨。午後からオフィスへ行って部屋のレポートを提出して、そのあとターゲットへ。まず掛け布団とシーツセットと電子レンジを返品して、そのあと買いなおし。布団とシーツはフルサイズのものにしてすこし大きくなった。さらに下に敷くスポンジみたいなの(マットレスをソフトにするもの15ドル)も買ってみた。レンジは開けないと分からないけど、2度連続はないだろうともう一度同じものを購入しなおし。そのあとグローセリーストアに行ってセロリとオリーブオイル、ドレッシング、ケーキの素、トイレットロール等を購入した。

帰って早速ベッドメイク。まずはスポンジを出してひろげる。これ、ただのスポンジかと思いきや、台所にあるようなものよりも材質がもっとふんわりしていてやわらかくきもちいい。ベッドルームにリビングにおいてあったエアベッドを移して、その上にスポンジを乗せてシーツをかけて、さらにシーツ、掛け布団、毛布を乗っけて完成!ベッドルームに明かりがないので(天井にライトがあるのはキッチンだけ)、昨日、前のホストマザーに借りれたランプを置いていいかんじの寝床が出来た。

続いてキッチンへ。早速カレーを作る。材料は、たまねぎ、にんじん、じゃがいも、セロリ、マッシュルーム。韓国ショップで買ったカレールーを入れてぐつぐつ完成。ご飯炊いて、サラダも作った。サラダはにんじんとたまねぎとトマトとレタスとパセリとセロリ。一人寂しくもおいしくいただきました~。つうかカレーうまー。明日はもっとうまくなってるんだろうなぁ。わくわく。

02
19

New life: (じょじょにできてきた)

今日は本格的な買出し。ウォルマート、ターゲット、1ドルショップ等で、電子レンジ(600W33ドル)、炊飯ジャー(3合蒸し器付15ドル)、トースター(2枚7ドル)、掛け布団(ツイン20ドル)、シーツセット(15ドル)、なべセット(20ドル)、お皿セット(16個9ドル)、包丁、おたま、まな板などを購入。結構安く仕上げられた。お玉とかフライ返しは1ドルショップでふつうに買えるかんじ。あと自炊のためセーフウェイで食品を購入。主にカレーの材料。レジで元クラスメイトがレジ打ってた。サラダオイルとドレッシングを買い忘れたので自炊は明日に持ち越し。キッチン、冷蔵庫が潤うとなんだか楽しくなってくる。

シャワー用に買った突っ張り棒(9ドル)とシャワーリング(1ドル)とカーテン(7ドル)はうまく働いてくれてる感じ。シャワーは勢いよく出すと霧状になり、さらに風が起こるためカーテンが多少まくり上がる。そうすると水がカーテンを超えて床が多少ぬれてしまう。でもこれはそれほど問題ではない感じ。

布団は買ってからもうちょい大きいのが良いと思いで交換予定。さらにレンジの底がべこっとへこんでおり安定立ちしないのでこれも交換するかんじ。

アパートのレポートをしないといけないので、部屋の傷とかチェックして記録に残そうと撮影した。正直これは気にする範囲なのか微妙、ってのがほとんどだけど、なにしろ分からないので慎重に。そのあと学校に行ってプリントアウト。これをレポートに添付する予定。レポートシートにもフリッカーのアドレスを念のため入れておいた。マネージャーが見るとはあんまり思わないんだけど。

リビングに食事用のテーブルがほしいので、これもそのうち。リビングが広すぎるので高い丈の植物とかがあってもいいかなー。ちょっと寂しすぎるのだ。いまはリビングで寝てたりするのでベッドルームにはなにもなかったりします。

02
18

First Day: (一日目)

シャワーカーテンを通す棒はあるんだけど、突っ張らせるには多少短く、その棒を固定する穴らしきものもないので、前の人はどうしてたんだろう、この棒をどう使ってたんだろうと興味がわきつつもこのままではカーテンを買っても固定できない。

どうしようかなーと思いつつ買い物へ。そしたら店で突っ張り棒を発見、あ、これもってたのかな。見ると185cmのやつが一番長いらしんだけど、そもそも計って来てないのでこれが長いのか短いのか分からない。家で大体の長さを確認後、明日改めて買いに行くことにした。今日くらいはカーテン無しでもいけるかな、なんて思ってたのだ。シャワーの出口は壁側に向けて浴びてたんだけど、高い位置に固定されてるので、お湯は体や壁にはじかれてガンガンバスタブの外へ飛んでいく。結果水浸しに。がっくし。

今日の夕飯は1ドルショップで買ったニッシンの大盛りカップめんとゼリーでした。カップめんの味はまあまあ。でも久々に食べた乾燥コーンがちょっとマイナス。歯ごたえがふにゃふにゃでねじくんは嫌い派。スイートコーンが良いな。明日は炊飯器や鍋とか買ってカレー作りたいなと思う。

02
18

Quiet: (うーん、静か)



ホストファーザーが大きな荷物を手伝ってくれたおかげで引越しはとてもスムーズに行った。朝8時前に出発して30分もしないでアパートへ。ホストファーザーの車から荷物を部屋に運び、ここで彼とはお別れ。そのあと自分の車の中の荷物を部屋へ運び、ちょっと荷物をあけて終了。

エアベッドに空気を入れたら意外と小さかった。朝8時からの引越しだったのでちょっと疲れたので昼間でうたたね。これからはテーブルとキッチンウェア、布団を購入する予定。写真は引越し前に部屋で写したものなんだけど、荷物増えたなぁ、と。アメリカにきたときは2つのスーツケースと手荷物用の手前のポーターのカバンだけで事足りたのに、今はこんなことになっている。

今回はホストの協力により、テーブルやイス、タオルや毛布、エアベッド、照明等を借りることが出来たけど、今後ほんとの一人暮らしになったらどんな量になっちゃうのやら。今後の課題はテキストやノート類の処分かな。新しい部屋は広いから捨てなきゃいけないものも持っていそうで怖い。ていうかすでにそういうのもあったりする。

ねじくんの新しい城は壁類一切への糊付けピン止め禁止なので、カレンダーすら貼ることが出来ないのがちょい残念。テレビもラジオもない部屋は冷蔵庫のブーンという音が静かに響く。PCはワイヤレスが繋がったのでひとまず安心。

02
17

Moving Out Tommorow: (いよいよ明日引越しだー)


左側に玄関。左の通路を奥に行くとバスルームと寝室。


今日は昼過ぎからアポイントも取らずにアパートのオフィスへ。まだ一度も部屋を見てなかったのと、そもそも本当に引越しできるのかの最終確認もしたかったので行って来た。そしたら丁度マネージャーが出かけるとのことで、またあとで来てもらえる?といわれたので、その間にできることをしてくることに。

アパート近所のモールでこれから買う物の値段をチェックして、銀行で家賃を支払うためのマネーオーダーを用意、そのあと久々に学校に出向いて、バスが無料になるシール(学生証の上に貼り見せるとただでバスに乗れる)を貰い、オリンピアに日本人の歯医者がいるとのことで教えてもらってきた。

再びオフィスへ。ようやく一日前に契約書を見たりして。契約書に一通り目を通してサインし、家賃とさらにもう一月分をセキュリティ用のデポジットとして払い(敷金となるのは別で300ドル払っていて、このセキュリティは滞在中に支払いが滞ることがなければきちんと戻る)、ついに鍵をもらった。引越しは明日なんだけど、今日から引越していいらしい。つうか週末はオフィスが閉まるんだった。明日オフィスに行ってたら危なかった、引越しできなかった。

んで早速部屋の中を確認。広くてびびった。シャワーカーテンをかけるレールがなかったり、壁のペンキが雑な感じだけど、カーペットは新品だからごろごろできるよー。これでワイヤレスをどっかからひろえたら、ネット代タダで良いなーとかおむんだけど、そうもいかないかな。とにかく広いんだけど、家具を揃えるつもりはないので、この広さを持て余しちゃいそうだけど、狭いよりはいいのかな。

家へ戻りホストとお話。白い折りたたみ式のテーブルと今使ってる黒いイス、タオルやシーツ類、そしてエアベッドを持っていけることになった。さらに米とティーバッグ、マグカップを幾つか貰った。明日のためにと食事も用意してくれた。これからも連絡を取れるように電話は知ってるけど、メールのアドレスもついでに聞いておいた。

明日は8時出発。早起きしないとなー。週末がプレジデントデイにぶつかるので、セールをするらしく、うまい具合に掘り出し物に出会えるかも?

さて、次ネットに繋がるのはいつのことやら。

02
16

Template 3-4: (無事目標達成)

アップから5日目?最後はホントに伸びが悪くて、週間ランクも守り続けた2位から3位に転落してしまった。でも無事目標の1000件ダウンロード達成。とてもうれしい。とにかく背景の雲と空のブルーが命のテンプレ。多くの人にそれが受け入れてもらえて光栄な限り。ただ正直背景のブルーが皆さんにどのような色で見えてるのか分からないんですよね。モニタによっては色がかすんで見えるというか。最後は適当にきめちゃいましたが。

表示はアップの前にFireFox、Opera、Safari、Camino辺りでは確認したけど、IEはIE5でしか表示は確認しませんでした。IE5だと背景に画像を固定するのがうまく行ってなかったんですが、6や7なら大丈夫かなーと思いつつアップ。結果、IE6でもだめっぽくて、IE7になれば固定出来てるのだろうか(未確認)。逆に半透明処理はIEのみ対応してたりしますね。ユーザーの7割がIEユーザーなのでしっかりIEで見れるのは大事だよなぁと。

雲を綺麗に見せる代わりに白い文字が読みにくかったり。ほんとは空の水色と雲の白のみのデザインのつもりだったけど、自分のモニターのように解像度が低いと雲が画面の下3分の1くらいまでくるので、文字は黒くしておかないと見れないなぁ、と白をあきらめ、黒(濃いグレー)を入れた。ついでに機能性ということで、リンクのオンマウス時は背景が黒くなるように調整。機能性は多少考慮したつもりだけど、もう一歩ほしいかな、という感じであと一工夫欲しい感じ。画面の密度もちょっと中途半端だった。

暇を見つけてまたもう2、3個作ってみたいなぁ。そのときはまたカスタム可の人のテンプレ見つけて絵を差し替える感じで作る予定。ほんとはJavaScriptとか使えると楽しそう。学校でフリーの講義があるので、時間作って受講してみようかな。

02
15

Red Rose: (赤いバラの記憶)

第二次大戦時、日系アメリカ人が強制収容されたとき、フレッド・コレマツ氏も他の日系アメリカ人と同じく自分達の財産と生活を失った。当時収容される予定の日本人の家の近隣のアメリカ人たちは、彼らの家々に向かい彼らの家財を買い叩いた。

彼の両親はバラ園を営んでおり、丁度バレンタインを迎える前だったこともあり、隣家のアメリカ人にバラ園の管理を頼む代わりに、バラの売り上げの儲けをすべてあげることにした。しかし戦争が終わり収容所から戻った彼の両親を待っていたのは荒れ果てたバラ園だった。隣家のアメリカ人はバラの売り上げだけもらい、バラ園の管理を全くやらなかったのだ。バラ園が元に戻るのにそれから8年かかり、再び見事に育ったバラは日本人が育てたというだけで全く売れなかったらしい。

彼は当時何もしていないのだから収容所に行くのはおかしい、と収容所行きを断ったのだが、そのために逮捕。戦争が終わりこの日本人収容は不当なものであると政府を訴え裁判を起こしたが敗訴する。40年後、当時の裁判記録が見つかる。実は日本人が無罪であるという証拠があったにもかかわらず、当時の政府の圧力によりそれが不当に変えられていたのだ。これをとある弁護士により教えられ彼の強力の元、再び裁判を起こし勝利する。収容された日本人家族はアメリカから賠償金をうけることとなる。といっても失った人生の代償になるはずもない200万/家族とかだけど。

今日は世間的にはバレンタインデイ。バラの花が良く売れるそうな。でも一方でバレンタインにバラの花束を見るたびに悔しい思いをした人もいたんだなぁ。

02
14

Victims of Labeling Theory: (レッテル社会の犠牲者達)

アメリカで中東系だからというだけで任意同行をしばしば受けていたごく普通のUCLAの学生が、またもや警官に任意同行を求められ、いい加減うんざりしてた彼はそれを渋り、結果その警官に射殺された。ほかにもIDの提示を求められた黒人がポケットからIDを取り出そうとしただけなのに、その瞬間に4人の警官により射殺。何故か40発とか撃たれたらしい。黒人は小学生を卒業する辺りで両親から、警察の指示には絶対逆らうな、絶対警官に背中を見せるな(逃げると見なされる)と教えられるらしい。

見た目や効率ばかりを優先させるばかりに、人々は物事を表層からしか捉えられなくなる。そしてラベリング文化の犠牲者がこうして増えていく。情報社会の発展により人々はさらに慎重になり懐疑心を高め、信じるべき人々を信じるというとてつもなく簡単なことが難しくなっている。物が溢れて人々は便利な暮らしに溺れ、忙しくないもんだから、物を疑い人を疑うくらいしかする事が無くなったってとこだろうか。

信じる力や他人の立場を思いやる気持ちを磨く事の方が、新しい技術なんかよりももっとこれからの時代には必要。彼の人曰く、「21世紀は精神性の時代」だという。つまり技術ではなく精神を、もっともっと今のこのご時世、磨かないといけないのだ。

02
14

My Plan for Future Students: (これからの生徒に向けて)

学校から卒業生もしくはトランスファー(転校)で出て行った生徒に向けて、インターナショナルのオフィスのディレクターから意見交換をしたいとのメールが来た。来たのはちょっと前だったんだけど、そのときは特に感じることもなかったので返信しなかったんだけど、最近ふと思いつくところがあったので、今日5、6時間かけてその文章を書いた。学校のシステムを多少変える提案なので、きちっと相手を説得するために意見だけでなく理由やそれにいたる背景、及びデメリット等まで書いたので、結構な時間を費やすことになった。エッセイを書かなくなり久しいので、グラマーにやや不安を残すものの、書いちゃったしいいや、えい!って感じでメールの送信ボタンを押した。興味があったら読んでほしいという感じで添付ファイルでドキュメントを書いたので、興味なければ読まれないかもしれないけど、人に読ませる文章を書く練習にはなったのでそれでも良いかな。

02
13

Air Compression Travel Bag: (空気圧縮袋)

ひとまず今週着ないだろうものをスーツケースに入れてたら、今回改めて自分の服が結構多くなってることに気づいた。ねじくんがアメリカに来たときは冬物を持っていなかったので、一昨年には実家から冬物の服を送ってもらったり、今年は上着やパーカー類を新たに買ったりしたので、いつの間にか服の量がかさ張るようになってたのだ。1年ちょい前の前回の引越しの時ですでに結構車がパンパンだったので、テキストとかも増えてることから今回の引越しでは服を圧縮して運ぶことにしようと思った。

そこで久々にもうひとつのスーツケースの中に入れておいた衣類圧縮袋を取り出そうとしたんだけど暗証ロックがされてて、あれーなんだっけかなーとちょっとドキドキ。でも3度目で成功。スーツケースの暗証番号なんて普段覚えておく必要ないから、番号が記憶の片隅にあってなんとか助かった。とりあえず掃除機を持ってきてスーツケースから袋を取り出してみると・・・あ、掃除機いらないんだった。アメリカに来るときに使用したもの以外にも5つパッケージを開けてないのがあって(全部2個入り)、すごい買ったんだなぁと用意が良すぎる過去の自分におどろいた。

洗濯待ちや今週着るもの、上着2点をのぞいて圧縮してスーツケースにいれた。こないだよりも倍近く入るようになった。圧縮袋ってすごいなぁ。んでスーツケースが一気におもくなった。圧縮袋を使いながら、移動空間空気圧縮装置なんてできたら、一瞬でものをはこべるのかなーとか、もしくは分子圧縮袋、スモールライトみたいなものができるといいなーと思うねじくんであった。

02
12

Template 3-3: (なかなか盛況)

テンプレートが配布された。3度目の正直、という感じで、なかなかよいスタートを切れた。流石にテンプレ作成の常連さんには歯が立たないけど、さくっと前2回のDL数は超えることが出来てうれしい限り。DLのページでは落とした人のコメントが見れるんだけど、これはとてもうれしいシステムだなーと思う。コメントの名前のとこからコメント者のユーザーページに飛べるっぽいんだけど、自分のテンプレをどうつかわれてるのか、きちんと表示されてるのか見るのが怖いのでリンクを飛ぶのはやめてる。とにもかくにも1日限りだけどユーザー編集画面のトップページにねじくんテンプレが表示されてるので、目立ってる間にあとどれくらい伸びるかとても楽しみだー。実はDL数の目標を立ててて、その目標を達成できるといいなーとひそかに願っている。

02
12

Seattle Premium Outlets: (アウトレットモールにおでかけ)

今日は天気が良かったので友達ととりあえず北へ車を走らせ、なおも天気が崩れなかったので、ずっと気になってたシアトルプレミアムアウトレットモールに行ってきた。結局ねじくんはなんにも買わなかったんだけど、エバレットまで足を運んだのは、カスケードループの旅行以来の超久しぶりで景色がとても新鮮だった。帰りは渋滞に巻き込まれつつ、ちょっとタコマのコリアンマーケットで新居での食料をちょっと購入。安いコーヒーテーブル(つうかちゃぶ台)を見つけたので、いいのが見つからなければ候補のひとつにしようと思う。

02
12

Situation: (我らが事情)

いまホストファーザーの長女モーリーが子育てで精一杯らしく、彼女の家で飼っている猫2匹をホストの家で預かっている。2匹とも落ち着いてるのかストレスなのかは知らないけど結構静かにやっている。ムーチは以前もうちで預かってたことがあって、そのときはよく部屋に入れてあげてたんだけど、それを覚えてたのか結構なついてくれる。しゃがんで名前を呼ぶとよってくる。洗面所に行くと水を飲みにくるので水道の水を出してあげる。もう一匹の猫エミリアもちょっとなでであげたらてくてくよってくるようになった。キッチンで食事をつくってると寄ってきて訴えるようににゃ-にゃー言ってくるんだけど何が欲しいのか分からない。家の中には他に5匹の猫がいるんだけど(庭にはさらに10匹前後)、その猫達は基本的にねじくんを怖がっている(猫のブーツと犬のジョニーは別だけど)。やっぱりねじくんがよそ者だからかな?モーリーの飼い猫だけがねじくんに寄ってくるのは、同じよそ者同士仲良くしようよ、みたいなとこなのかな。とか。いや、もうすぐ出るけど。

02
11

A Menopausal Disorder: (更年期障害?)

ホストマザーがバス通勤をはじめた。理由を聞いたら運転が疲れるらしい。バスに乗ればただだししかもお金をもらえるという。ガス代がかからないからそれはお金を貰ってるようなもんだそうな。こんなところにお金を稼ぐ方法があったのね、なんていってた。ただホストマザーはとても体が疲れやすい(更年期障害?)ので、家からバス停までの距離20分くらい?を歩くのは結構つかれるのではないかと思ったら、案の定今日は昼過ぎまで起きてこれなくなってた。ちょっと心配だ。

引越しまであと1週間切った。来週末はいよいよ引越し!ちょっとだけ荷物をまとめてみた。

02
10

Mouthwash: (刺激物注意!)

右利きのねじくんはものを食べるときメインで使うのは右側で、詰め物がとれたのもこっち側。んで、ものを食べるときは利き側で噛む方が食べやすい。そこでねじくんは昨日の反省から歯に刺激を与えないようにやわらかいものを食べればどうだろう、とラーメンを食べてみることにした。

ところがさっそく麺が詰め物の取れた歯に詰まった。気持ち悪いので取ろうと舌を伸ばしその麺をぐりぐりしてたらまたもや激痛が走る。舌で麺を奥に押してしまい、それが神経に触ったのだろうか。大失敗。これでもう右側でかむのは怖くなってしまった。というか結構ピンチなのかも。

学校帰りにウォルマートに行ってきた。そこで歯を磨くのも神経を触ると痛いので、日本でもみたことあるリステリンを購入。ついでに引越し後に使うものを物色して、コンタクトの洗浄保存液も買ってきた。ちなみにねじくんが使ってるのはRGPレンズ用(ほぼハードレンズのことだと思う)のClearCareというもの。

家に帰り夕食後にさっそくリステリンを使ってみた。キャップに3分の2というので注ぐと容器がふにゃふにゃなのでこぼれるこぼれる。早速リステリンを口に含み、ぶくぶくしてみた。げーすごい口の中がしびれるというか軽く麻痺するぞ。かなり刺激つよめだ。んでうがい後は口の中に残る液が虫歯にしみると。でも結構大きなの買っちゃったし、口内を清潔にできるのはいいことなので頑張って続けたいとおもう。でもなくなる前に耐えられなくて歯医者にいってそうだけど。

02
09

Toothache: (歯が痛い)

歯の詰め物が取れてからしばらく経つ。その歯は常にオープンな状態なので、食べたり飲んだりすれば、患部はすこしずつ虫歯に蝕まれていく。そしてついに今日、夕飯を食べてるとき、ひき肉をかんでるときにひき肉の脂身のちょい硬いのをどうやらその歯で思い切りかんでしまい激痛が走った。とりあえずアスピリンを飲んでおいた。今は痛みは引いてるけど、あとどれくらいもつのだろうか。すごく不安だ。とにかく甘いものは控えて少しでも虫歯の進行を押さえられるようにしないといけないなぁ。でもってさらに他の歯も痛いような気が・・・。甘いものを食べないのは平気だけど、歯医者だけは行きたくない・・・。

02
08

Test

続きを読むの設定でどうなるかのテスト中。

02
08

Template 3-2: (不具合の修正)

ようやく画面上の飛行機雲が本文スクロール時に消えてしまうのを回避することができた。解決策は簡単で、トップの部分と本文部分の背景画像を同じにして両方とも固定するというもの。これで飛行機雲が消えなくなった。本当はなんか他にうまくやる方法があるんだろうけど、これでも問題ないようなのでひとまずこれで三度登録してみようかなーとおもう。

02
07

Paint.NET: (フリーのペイントソフト)



http://www.getpaint.net/

Paint.NETウィンドウズのフリーのペイントソフトが公開されたらしい。サイトを見ると要はフォトショップの変わりにこれを使ってもらいたいって感じなのかな。GIMPも多少使いづらいとこがあるのでフリーのフォトショップライクなソフトが出てくるのは嬉しい限り。

最近古いブログのログを全部今のブログのほうに移行してるとこなんだけど、そのときに画面表示用の画像を全部小さくしたんだけど(リンク先は大きい)、その作業は学校のフォトショップでやった。フォトショップにはアクション機能があるので、一度作業を保存すればボタン一個で同じ作業が出来るのがすばらしい。アクションがこれで使えればうれしいなぁ。

気になるのは重さ。画像を見る限りだと半透明処理を使いまくりで、いやーな感じだし、13万行のソースってのもそりゃすごい、ってよりも重そうだ、って感想。ノートで使いたいので、軽いのがいいんだけどな、っていうか軽くないと無理。.NET Framework 2.0とかいうのが必要みたいだけど、これはなんなんだろう。

02
07

Template 3: (これで3度目。楽しんでる?)


こんなかんじにみえるはずだけど・・・。

またもやテンプレートを作ってみた。自分のお気に入りを作るにはCSSやHTMLを完全にマスターしないと難しいけど、なんちゃってテンプレートならば、自分のイメージを実現しやすそうな他人のテンプレートレイアウトを元にして、画像を入れ替えたり、ここはこうやるのかなーと手探りでぐりぐりやりながらなんとか出来る。

今回は雲を使いたいなぁということで、最初はフリーの素材とか探してたけど、利用はフリーでもサイトに画像の著作者やリンクを載せメールでしらせてくれとか、ちょっと面倒だったので、自分の写真の中から探してみた。そしたらいいのがあったので、トリミングして画面下に配置して、そのまま空の色をブログ全体の色にすることにした。で、今度は画面の上の部分が寂しいので飛行機雲でも飛ばすか・・・と画像を探そうと思ったんだけど、写真の中から飛行機雲だけを取り出して空の色になじませるってのが面倒なので、GIMPでちょこちょこっと作成して上に配置した。

最初はここで完成だったんだけど、一番下まで画像をスクロールしないとあまりにも画面がスカスカで寂しい。そこで、雲を画面下に常に固定してみようと。これは他の人のテンプレートの中身を見て探して無事実装。でも今度は飛行機雲も画面上に固定したいなぁ、と欲が出てくる。それならば1枚絵にすればいいんだけど、見る人の画面解像度が違うので、それだと面白くない。2枚をそれぞれ固定するのは記述1つで簡単に出来るけど、描画順番とかあるのか両方いっぺんの表示が難しい。

どうやら元のテンプレートの画像差し替えだけだとうまくいかないっぽいので、divに注目してレイアウトの重なり順番(あるのか?)を予想して画像を入れ替え。すると上下の画像が常時表示できるようになった。でも本文がスクロールすると飛行機雲だけ背景のない本文エリアの下に消えてしまう。本文は雲の上だときちんと透明に抜けてるので、背景の師弟が残ってるとは言えず、これはバグなのか、それともねじくんがやっぱりバグなのかはちょっと良く分からない。でも飛行機雲をなんとかスクロールさせずに残したいので、だれかからヒントをもらえないかひそかに期待しつつちょっと考えようかと。どうしてもできそうになければ飛行機雲はスクロール予定。

アイコンを作るのもおもしろかった。背景を見せるために透過処理の出来るGIFにしたんだけど(PNGもできるけど)、GIMPでGIFアニメもできることが判明。面倒なので複雑なのは作ってないけど、ひとまず雲を上下にアニメーションさせてみた。動くと楽しいな。雲はページの構造上、上下のパーツに分けてるんだけど、時々上下のパーツの同期がずれるとちょっとおかしな動きをしたりする。

色は若干濃い目の水色を意識してるんだけど、ノートの液晶での確認なので実際に見る人がどういう色実で見るのかは予測不能。学校で確認したけど、それほど辺じゃないのでまあいいかなと。

02
06

First Onitsuka Tiger: (バイバ~イ)


ねじくんのはこれのローカット版で色が茶色。


アメリカに来たときに履いてた靴を今日捨てた。今でこそ3足の靴を持ってるけど、アメリカに来たときは1足しかなかった。オニツカタイガーのツナヒキっていう種類で、購入はネット通販だったので、届いてみたら若干きつくて、それでもお気に入りでいつもはいてた。足にボリュームを作りたくなくて、とにかくぺターンとしてるのが欲しかったんだけど、そういうのって意外とないもんで、このツナヒキがまさにそんなかんじで一目で気に入ったのだ。んなわけで日本にはまさに写真のようなハイカット版ももってたりします。

雨の日も晴の日も毎日履いて、かな~りお気に入りだったんだけど、履き続けてついに靴の裏に穴が開いてしまったのだ。水溜りの上を歩くと靴下がぬれてきて冷たい。いまでこそ気をつけるようにしてるけど、ねじくんには歩くときに足を引きずる癖があってそれがよくなかった。事実アメリカ2足目のオニツカタイガー(たしかメキシコ66)も底が平らになっている。

留学を決めてアメリカの地を踏んだとき一緒だった靴とお別れするのは物を捨てられないねじくんにとって大決断だったけど、これから引越しも控えてるので思い切って今回捨てた。ちょっとだけ寂しい。

02
05

Arghhh: (うわぁぁぁぁ)

ホストマザー(55歳)の裸見てしまった・・・。ううう・・・。罪悪感と・・・そして・・・嫌悪感・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。