screw log 3.5

ねじくんの山梨編

--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05
31

Sweets: (アメリカの甘味)

ねじくんでも食べられるもの。ふと思いついたので書いてみた。また思いついたら追加するかも。喫茶店とかあまり行かないので店で買うもの限定。

ALTOIDSのキャンディー
これはアメリカ来て初めてみつけたおいしいと思えるお菓子。甘酸っぱくて病み付きになった。ミントのタブレットは試してない。

ゼリー(粉で作るやつ)
見た目はカラフルだけど、味はちょっと甘酸っぱくておいしい。コーヒーゼリーは見かけないかも。

Dreyer'sのアイスクリーム
箱アイス。はじめはバニラやコーヒーといったものを買っていた。1/2カロリーのしか買ってないけど、比較的甘くなくて日本のアイスと変わらない感じ。バニラよりもコーヒーがおいしい。新作のアメリカンアイドルシリーズのハリウッドチーズケーキ味がかなりおいしい。テイクザケイク味は甘すぎるので子供向けかも。

WALMARTのチーズケーキ
チーズケーキはシアトルベストのチーズケーキが程よい甘さで好きなんだけど高いのでなかなか食べれない。チーズケーキファクトリーのも甘すぎてねじくんはだめなかんじ。ウォルマートのチーズケーキはホールで8ドル位で甘さもちょうどよい感じで許せる。食べ過ぎるとおなかがもたれるけど。

スポンサーサイト
05
30

Friends Season 5

ターゲットに行って友達に頼まれたデスパレートな妻たちの1stシーズンを探しに行ったけどなかった。人気なのかしらないけど、みつからない。つうかターゲットしか探してないんだけど。かわりに自分用になんか買おうと思ってしばらく買ってなかったフレンズの5thシーズンを買ってみた。29.99から39.99したフレンズもここにきて19.99ドルまで下がってきたので、これなら買ってしまえーってかんじ。本当はプリズンブレイクでも買おうかと思いつつ、45ドル位するのと、今後どこまで続くかわからないのでフレンズに落ち着いた感じ。

ついでにゲームコーナーものぞいてみたり。昨日はメモリアルデイだったんで、値下げをちょっと期待してたんだけど129.99ドルのままだった(これでも日本よりちょっと安いらしい。こっちは普通にどこでも在庫ありなんで、あわてて買わずにどこか出かけるたびに値段チェックするんだけどどこもこの値段)。おいでよどうぶつの森がほしいなぁなんて思ってたんだけど、最近ショーケースを入れ替えたようでなくなってた。フレンズも買ったしDSは当分おあずけかなぁ。

コーラとか数種類が3ダースで10ドルだったので、夏の需要を満たすためにコーラ2ダースとミニッツメイドのレモネードを1ダース買ってみた。詰め物の取れた歯が心配だったけど、ちょっと気を使ってるからか、最近特に劇的にしみる感じがないので、まぁ買ってもよいかなと。

05
29

2nn.jp

日本のニュースは専ら2ちゃんねる。まああの掲示板を隅から見ててもキリがないので、2NNというサイトでチェックするんですがこれが便利。2ちゃんにはボランティアの記者が沢山いるらしく、その人たちがせっせと記事を見つけてアップしてくれます。それをまとめてるのが2NNって感じでしょうか。一般的なニュースから芸能、ビジネス、海外のニュースまで幅広く見れるのがいいかんじ。ついでにかなーり偏ってはいるけど世論みたいなものも垣間見れる。

最近気になるのは著作権の問題かな。MYUTAとかいう個人の音楽ストレージサービスが違法と判断されたケースは今後日本のビジネスにどう影響するのか気になるところ。あくまでひとつの判例に過ぎないので、MYUTAのサービスをしてた会社がジャスラックに目をつけられて不運だったとなるのか、それともこの判例を境にGIGAZINEで言うような方向に向かってしまうのか今後の動向が気になるところ。んでそれについてこんな感じでネットでは議論がされてる。

05
28

ZARD: (ご冥福を)

ZARDの坂井和泉さんが亡くなった。彼女の歌は結構好きだったから1stから5thくらいまで持ってたような。カラオケのCMで流れた1stシングルのGood By My Lonelynessがすごい透明感があってよかったような。キラキラしててまさに90年代の音楽って感じだったなー。大黒摩季がテレビ番組で彼女の批判をしてたとか話題になったみたいで見てみたけど、あれはあきらかに番組側の振りがおかしいと思った。

05
26

First Host Father: (今年27歳かな?)

ねじくんは就職活動用に英語のブログをいちおう作ってて、自分の経歴をどっさり書いてあるんだけど、なにせ自分の英語をチェックする人がいないのでグラマーがとっても不安。んでちょっと前にグラマーのチェックのために、何人かにメールしてその中に一番最初のホストファーザーもいたんだけど、まったく返事がこなかった。そしたら今日返事が来てた。なんか元気にやってるみたい。とりあえずそのメアドはめったにチェックしないとのことで、今度メールするときはこっちに送ってくれとのことで新しいアドレスを教えてくれた。

そのアドレスがフリーメールっぽくなくて、orgとかついてたので、職でも変えたのかな(彼はガバメントの職員なので変えるのは勿体無いなというか)、何の組織かな、と名前以下のアドレスを打ち込んでみた。どうやら彼は(仕事と別に行ってるのかどうかは知らないけど)学生支援の組織(非営利団体で運営は寄付金で賄うっぽい。)を作ったみたい(名前はYouth Connection of 地区名、若い人たちのつながりってかんじ。)。スタッフのページに3人の名前があって、彼の肩書きはその組織のエグゼクティブプロデューサーだった。特に組織の説明らしきものがないので詳しいことはわからないけど、わかる範囲内ではこれから社会に出て行く学生たちに必要なものは人との出会いであり、その出会いを提供するような場所を作りたい、って感じだった。

彼とは半年くらい一緒に生活したけど、とても誠実で明るく、人と会うのがとても好きなので、彼の組織がうまくいくといいなーと思う。会う機会があれば話を聞いてみようかな。もちろんねじくんはこの組織には入らないわけだけど。根付いた宗教観が興味に勝てない。

05
25

Regulation

▲リンクを貼る行為は本当に犯罪の幇助行為になるのか
▲Googleが日本の法律に従うならば、Googleは確実に違法

使ったことないけどWinnyの製作者が逮捕とか、2ちゃんの管理人への訴訟問題、画像アップローダーの管理人逮捕とか、最近みつけたYouTube等動画視聴サイトの動画へのリンクサイトが著作権所有者からの警告を受け週末に関係リンク等?を削除するそうな。悪いのは実際に違法に画像や動画をアップするユーザーたちなのに、ソフトの製作者、サイト管理者にとばっちりが行くのはどうも腑に落ちないというか。その一方で間違ってないような気もするけどよくわかんない。んなわけで日本のこの流れを汲むとGoogleも当然違法になるそうな。そしたらYouTube等の動画サイトだって違法になるよなーと。著作権を守る流れを作ることはとても大事だけど、その規制がその後の流れまできちんと考えられての規制なのかと言えばかなり微妙だと思う。インターネットと著作権の問題ってほんと難しいけど、もっと違った流れは作れないものだろうか。

05
24

Graduation Ceremony: (卒業式)

卒業式が来月にあるので、それ用にガウンと帽子を購入色はブルー。自分が日本の大学生のときは卒業式になんかこういうのを着た記憶がないから初体験だ。それほど卒業式に興味はないけど、なんかちょっとだけわくわくする。30ドルくらいなので記念になるしいいかなと。写真を撮ったら親にも送ってあげたい。

初めて日本食らしい煮込み料理に挑戦。材料は骨付きの鳥の腿肉とジャガイモ、ゆで卵、たまねぎ。あらかじめ卵をゆでておいて、その後材料をなべに入れ、水をひたひたになるくらいまで入れたら、しょうゆとチキンスープ、酒、砂糖、きざんだしょうがを入れて煮込む。1時間もすれば完成。鶏肉も卵も10個以上入れたんだけど、友達とたべたら2日でなくなった。水が最初多めだったので、煮込みの途中ですこし別のなべに移したんだけど、それを使って豆腐スープを作って食べた。こっちもうまかった。しょうゆと酒と砂糖をうまく使いこなせるようになれば、炊き込みご飯とかも簡単につくれるんだろうなー。

レジュメを2こほど出してみた。もうちょっと出す会社を増やさないと。

05
23

Move On: (前に進め)

今朝正式に断りのメールが来た。電話面接の後にすぐこりゃだめだーってのは感じてたし、その日のうちに電話番号の登録も解除してた。予期しない質問だったにせよ、もうすこし答えられることとかあったと思う。変な準備をしなければ良かったとは思わないけど、あれではやはり無理だったと思う。自分だって入社希望者の面談くらいしたことあるわけで、手ごたえがあったかどうかすぐに分かるわけだ。とはいえ、やっぱりちょっと残念だ。しかしここからが勝負だ。いろいろ考えた。レジュメも少し書き直してみた。ここですぐに行動を起さないとまただらけてしまう。ここからが本当の始まり。しっかり前に進もう。

Move On っていうのは前に進めって意味。ねじくんが事故を起されたときに警察を呼ばなかったばかりに相手につけ込まれて結局修理費がもらえなかったばかりか、相手から請求がきちゃったくらいなわけなんだけど、なんとか勝てないかと事故の相談をオフィスのマネージャーにしたとき、彼女がねじくんにくれた言葉はMove Onだった。くやしいことはあるけど、事故を通じて学んだことも多い。決してマイナスだけではなかったはずだ。だからあまりくよくよせずに前に進むことも大事だと。一人で部屋に閉じこもってるとどうも悶々としちゃう。なわけでMove On。

05
18

Notitle: (うーむ)

電話が来た。ジャングルシティのページのインタビューでよく聞かれる質問のところをじっくり読んで答えを用意しといたんだけど、電話の内容は全く違っていた。ねじくんのレジュメについて担当の人が質問し、それについてYes/Noと答えるのとあとちょこっとした質問があるんだけど、正直あんまりきちんと答えられなかった。なんか望み薄いなぁ。これが通ると今度はマネージャーの人からの質問になるっぽいんだけど、かなり微妙だ。仕事の内容も自分の考えていたのとなんか少し違うような気もしてきてるんだけど、うむー。

05
17

Nervous: (リラックスしないと・・・)

会社からの電話は、午前はメールの処理や打ち合わせとかで忙しいだろうから、午後過ぎにでも先方からこなければこちらからかけてみようと思ってた。

午後になって先方から電話が来た。掛けるよりは掛かってきたほうが気楽で良かったので安心した。内容は電話インタビューの日取りを決めるためのもので、いつが都合いいか聞かれたんだけど、いつでも良いと伝えると、明日午後に電話でのインタビューを受けることになった。電話は不安だからオフィスに直接行きたい、と言ったら、まずは電話でのインタビューなんだよ~、と言われてしまった。30分って言ってたけど、そんなに聞かれるって結構大変そうだなー。今からとってもナーバス。

とはいえ、ようやくねじくんの時が動き始めてなんだかルンルン気分でもあったり。ちなみにここは言ってしまえば第一志望みたいなとこだから落ちてもともと。なるべく緊張しないようにしてしっかりとリスニングに集中したい。んで願わくばオフィスでのインタビューまで持ち込んで、だいたいの雰囲気をつかみたい。レジュメが通ってるってことで、この内容があれば他の志願者との差別化ができるということだから、他の会社もこんな感じでいけるのだろうと期待が持てる。あとはインタビューの手ごたえで、今後どうすればいいかを考えていければいい感じだと思う。

経験できればなんでもいいや、ってのが始めはあったために、どこから手をつけていいのか分からなくてすごく悩んだけど、ジョブフェアに足を運んで感じたのは、やっぱり行きたい業種があって、やりたい仕事ややりたい表現ってのが自分にはあるんだなーってことだ。それがわかってすごくよかった。あとはそういう会社でそんな職が見つかるかってのが一番難しかったりするけど、レジュメが通ったことで少し気楽になれた。

05
17

Tick Bites?: (かゆい~)

ねじくんのアパートにはベッドがひとつしかない(しかも簡易ベッドだ)ので、友達が泊まりに来るとねじくんはリビングにいって寝る。直接絨毯の上に寝てもいいんだけど、なんとなく毛布を引いて、その上に横になってさらに毛布をかぶって寝ている。んで最近朝起きるとなんだか痒い。

普段も絨毯の上でごろんとすることはあるけど、かゆくなることはない、とおもう。となるとこの下に敷いている毛布のせいなのだろうか。右側を向いて寝たら、次の日シャワーの後で鏡を見たら、体の右側だけ虫刺されが出来てた。うむー下に敷いてる毛布っぽい。こっちきてから洗濯は1度しかしてないから、また洗って綺麗にしたほうがいいのかも。

たまらず掻いてしまうと3センチくらいまで虫刺されが大きくなるのでなるべく我慢して、友達が持ってきてくれたムヒを塗ってしのいでいる。なんかスーっとして気持ち良い。はやくなおれー。アメリカ製のも一応探しておこうかな。キンカンとか使ってみたいな。

05
16

A Phone Call: (あ、電話が来た・・・)

午後過ぎに携帯が鳴った。ねじくんは普段分からない電話番号は出ない。今日はちょうど部屋でパソコンを立ち上げてたので、いそいで携帯のモニターに表示されている電話を打ち込んでみた。するとすぐに検索結果が出て、昨日学校のネットからアプリケーションを送った大手の会社からだった。ドキドキしながら急いで電話に出たものの、相手が待ちくたびれたのか、ハローといった所で切られてしまった・・・。

この番号は一応携帯に登録しておいたので、もう一度かかってくればすぐ出れるんだけど、かかってくるのだろうか。このまま来なかったらどうしよう。こちらからかけなおすべきなのだろうか。わからない。かけなおしたほうがいいんだろうけど、なんて言えばいいのやら?

昨日この会社にアプライしたときの自動メールを読み返してみた。げ!?もしかしてねじくんに興味持ってくれてるって事?

If your profile corresponds to our requirements, a member of our HR Department will contact you soon.

んなわけでカレーを久々に作った。電気代の支払いをすませた。あと車のタブを更新した。携帯のトップアップをすませた。

05
15

Uninsured Motorists: (無保険者~っ!!)

保険の代理店(日本人なので楽チン)にメールで確認した結果、保険料の値上がりは、事故の相手の請求を受け入れた為ではなく、純粋な値上がりなんだそうな。理由としては2点あり、ひとつはインフレによるもの。もうひとつは無保険者の支払い補填を保険会社が行ってるようなんだけど、その回収がうまく行っていないらしい。

たとえば被保険者のAさんが無保険者のBさんにぶつけられて事故を起こし、Aさんが怪我を負ったとする。この場合仮にBさんが100%悪かったとしても、Bさんに支払い能力がないとしてもAさんの怪我は治さないといけないので、被保険者の保険から仮払い?のような形でAさんの治療費が支払われるらしい(保険会社の支払いによるAさんの保険料がアップすることは無い)。そして保険会社はBさんに請求をするということになる。ところがBさんは支払いの能力が無いのでその額の回収が行えず、保険会社が丸々被害を被ることとなる。そして無保険者が多く、彼らの事故費用の回収も難しく、もはや無視できない問題になってしまったということらしい。

支払い能力の無い人が多いことが無保険者の増加に拍車をかけてるっぽいんだけど、貧乏だろうがアメリカは車がないとどうしようもないし、車検が無いので見つからなければずっと乗っていられるのかも。個人売買もできるし、中古の車を手に入れるのも簡単だ。なんか保険に加入する意味が・・・。それに値上がりすればますます無保険者は加入したくなるよなぁ。

値段の確認をしたら560ドルがなんか知らないけどディスカウントで526ドルくらいまで下がるらしい。なので再び請求書がくるのを待ってそれから支払い予定。多く払ったら戻ってくる可能性が低いので、払う前に知れてよかった。

05
15

Money Flies: (お金もやっぱり矢の如し)

2年前の6月にねじくんは車を買っているので、6月は1年に1度の車の登録更新(ナンバープレートに貼り付けるタブというシールを40ドル前後で購入するだけ)、さらに年に2度払う保険料も6月と12月にやってくる。

昨日ホストから電話が来てホストの家に保険会社から書簡が届いたらしい。んで今日おすそ分けの食料と一緒に持ってきてくれた。早速中を空けてみてみると、やっぱり更新の請求書だった。1週間ほど前に保険の代理店に住所の変更のメールは出しておいたんだけど、どうやら間に合わなかったようだ。

そこはそれほど問題ないにしても、問題は保険料が大幅に値上がりしてることだ。半年で400ドルちょいが560ドルまで値上がりしていた。電気代が安くあがったと思いきや、今度は更新料の値上がりで帳消しと来たもんだ。うーむ、うまくいかないもんだ。DS買おうと思ってたのに・・・。

内訳に事故に関する項目があるので、ホストが言うには事故の相手が保険会社に請求したものが負担増につながってるのではないか、とのこと。相手に支払ったという話は聞いてなかったので寝耳に水だ。アメリカではいかに第三者を挟むのが重要かというのがこのごろほんと身にしみる。警察を呼んでいればこういうのも無かったなぁ・・・。とりあえず事実を明らかにするために代理店にメールをしておいた。まあ結局は全額払うんだろうけど。

前もって連絡くれてれば更新料の上がるのも覚悟も出来たのに、こういうのは気分が良くない。次の更新時はできれば保険会社を変えたいなぁ。ちょうど自分の将来も決まってるだろうし、仕事があれば保険の種類(今はUninsured Motoristsとなってる)が変えられるはずなんだよね。

追記:
Uninsured Motoristsとは無保険者と事故を起したときに、相手方の支払能力が無い場合、保険会社が負担をしてくれることらしい。(これによる保険料の値上がりは無い)

05
12

Gas Memo: (アメリカのガス代)

▲現在の地区毎の値段
▲世界のガスの値段(2005年)

2003年アメリカのガソリン小売平均額1.56ドル/ガロン
2006年平均3.03ドル/ガロン
2007年5月14日3.10ドル/ガロン
カリフォルニアは4ドルに迫る勢いだとか
現時点のねじくん地区最安値3.38ドル

05
11

Amazing: (だよ)

次世代機ってすごいなー。なんちて。どこにカメラつけたんだろ。

05
09

Invisible Fact: (目に見えない真実)

▲【米国】 韓国人クリーニング店にズボン紛失された判事、78億円賠償請求
▲英文のソース

10万程度のスーツにどうして70億もの賠償額が必要になるのか、この判事はちょっと頭がおかしい。判事なんて辞めさせるべきだ、という話もあるし、この記事を読むだけなら確かに誰もがクリーニング店の店主たちをかわいそうに思うと思う。しかし、この事件でポイントになるのは訴訟を起こされてるのが韓国人、そして起こしているのが黒人というところだ。彼らの中には黒人を差別する人たちが多いらしい。まぁ自分は黒人じゃないからそういう経験はしてないけど、黒人の人たちが韓国人から差別のようなものを受けている話は聞くし、自分も韓国人からすごく感じの悪い態度を取られたことはある(ソウルレストラン)から、もちろん記事にはそこについては言及してないけど、そういう事実が裏にあったんじゃないの?と勘ぐってしまう。

こんな金額の訴訟がもし通ったら、アメリカで商売する人たちは大変だろうから、多少の慰謝料の上乗せはあったとしても無難?な金額で収まるのが望ましいと思う。しかし、彼は判事でこんなばかげた訴訟が通り得ないことは多分分かった上での訴訟のはず。それに訴訟を行うことで周りの判事への信用も事実落ちているらしい。だから彼も訴訟によるリスクは結構負ってる様に思える。だからそこまでしてでも彼らを訴えたいと思う裏には絶対何かがあると思うんだよねー。

05
09

Energy Bill: (と書いてある封書が届いた)

なんだかんだオフィスに出てからはや1週間が経過。自分の周りでも詐欺まがいのことをちょこちょこ耳にしたり、お金に対するあまりににもずさんな管理・対応は、ねじくん自身も経験してきたから(1対1にせずにアメリカ人がすぐ弁護しつけるのはよくわかる)、今回も延滞料金を支払わせるために請求書をわざと遅らせてるのかも、と疑い始めてたので、しばらく不安だったんだけど、昨日買い物帰りにポストをのぞいてみたら電力会社からの封書が届いてた。

さっそくあけて見ると2~4月分をまとめた請求書になっていた。合計額は初期登録料6ドル込みで1250kwhの使用で107ドルだった。月平均35ドルってかんじ。延滞料金もかかってなかったし、料金もかなり安くてとっても安心した。

05
09

Cooling Patch: (冷えピタ・熱さまシート)

友達が熱を出したので、ちょっと買出しに行ってきた。薬はあるので熱さまシートとか冷えピタらしきものを探そうと、まずネットで調べてみた。するとどうもTheraPatchとかFever Cooling Gelととかそんなかんじのが見つかったので、そういうかんじで探せばいいのか、とまずRite Aidに行ってみた。そしたら「WellPatch Migraine: Cooling Headache Pads」という商品名のがあって、説明にCooling Therapy for Migraine and Headache Discomfort とあったのでたぶんこれだろうとを購入。Migraineっていうのは偏頭痛という意味らしい。Targetにも行ったんだけど、シップみたいなのは結構あるんだけど、説明には筋肉疲労を和らげるためのとしか書いてなかった。冷えピタに相当するのは近所だとこれしかなかった。帰ってきて箱を開けてみると日本の冷えピタと全く同じだった。4ドルで4つ入り。日本のに比べるとちょっと高いかも。でも日本からわざわざ送るくらいならぜんぜん安いな。

05
08

New Record!: (日々記録更新のガス代)

ガス代がバカ高い。日本に比べればまだまだ安いガソリン代だけど、アメリカは広いし、交通機関も発達してないので、どこに行くにも車が必要。なので結構深刻。昨年のオリンピアの最高値はたぶん3ドル20セントいくかどうかくらいで、旅行で僻地にいったとき一度くらい3.7ドルとか経験したような気がするけど、オリンピアの平均は現在去年の高値を優に超える3.4ドルちょい。高いところはすでに3.5ドルを超えてしまっている。20ドルでガソリンが満タンになっておつりが来てた時期も年初にはあったのに、いまや30ドル使ってようやく満タンってかんじ。あーやだやだ。

05
08

Ginger: (しょうがはうまい)

最近買い物に行く度に買う食材があって、ひとつはセロリ。繊維が多いし、生で食べてもスープやカレーに入れても何に使っても美味しい。イライラを和らげる働きもあるとか。あとはしょうが。これはもっぱらスープとかに入れて飲むんだけど、飲むと体があったまる。臭みを取るためには使ってなくて、単純にしょうがの風味を楽しんでるかんじ。手のひら大のしょうがの根を買ってだいたい1.5ドルくらいなので手軽だし、なおかつ健康によさそうなので買い続けてるかんじ。

昨日、お好み焼きの素をつかってひさびさにお好み焼きをつくって食べたんだけど、今回はしょうがを刻んだのを加えてみたら味が格段に美味しくなった。材料はお好み焼きの素とキャベツと豚肉のスライス、刻んだしょうが、あとはマヨネーズとお好み焼きソースとかつお節という、完全に日本でつくるお好み焼きと同じ。アメリカでもお好み焼きは普通に作れるのだ。そういや昨日はあとはきな粉をまぶした絹ごし豆腐ともち粉で作ったきな粉団子も食べたし、チーズとお塩でチーズ結びも作った。どれも美味しかった。やっぱねじくんは日本人だなー。

05
07

Hollister: (春服さがしの旅)



金曜はタコマから東にあるサウスヒルモール。昨日はベルビューモールに友達と出かけてきた。春物散策がてらのドライブといったとこかな。基本的にはどこのモール行ってもメインで寄るのはホリスターぐらいなんだけど、ぷらぷらウィンドーショッピングするのもなかなか楽しい。

サウスヒルモールのホリスターで7分のTシャツと半そでのポロシャツを買った。もち両方ともセール品。ゲームショップがあったんでのぞいてみたんだけど、試遊品のDSでポケモンが遊べるようになってたんだけど、キャラクタのデフォルメに一目ぼれしてしまった。キャラの等身とか木のデザインとかいいなーとか、DSの液晶綺麗だなーなんて思いながらみてた。とても欲しくなってしまった。弟が誕生日プレゼントにくれると言ってたんだけど、なんかショップに行く度に売り切れてるようで、こっちなら買えると思うので、もう思い切って買ってしまおうかな。そしたら英語版のFF3かポケモンがほしいな。あとは日本で売ってる英語の実用ソフトとか買いたい。

ベルビューモールのホリスターは品揃えがいまいち、というか売れ残りにいいのがないというか。ホリスターに限らず服はほぼどこも定番ものしかないので、それならセール品でうまくやりくりできないかなーというのが服買うときのポリシーになっている(笑)。新作の中ではチェックの短パンはちょっと欲しいけど40ドルとかだからこれもセールかな。オリンピアにもホリスターがいつの間にか出来てた。まあここはそのうち行ってみよう。

ベルビューモールの帰りにウワジマヤに寄ってアジア系の食料買ったり、初めて寄ったWHOLE FOODS MARKETでオーガニックの食材を見ながらわくわくしてた。バーツビーの製品がたくさん置いてあったので、試供品をいろいろ試してみた。

05
06

Girl Friend: (あれはないでしょ)



アブリルラヴィーンの「ガールフレンド」は8ケ国対応だそうで。サビ部分のみだけどその国の言葉で歌ってて、日本語版もとうぜんあるのでYouTubed探して聴いてみたんだけど面白かった。アブリルの発音は確かにそれほど悪くないけど、文節の区切りが出来てないので、最初は日本語かどうかわからなかった。ただどう区切ってるのかわかれば、徐々になるほどーって感じでわかるようになる感じ。まーそれでも聞けないところはあるけど。彼女曰く、日本語よりは中国語のほうが難しかったらしく日本語は簡単とのこと。でもそれはたぶん日本語は意味を同じにしつつも文字を少なく調整しやすかったため、きちんと1音に対して1語ずつ文字を当てはめられたのが原因だと思う。中国語は日本語ほど短く出来なかったり、同じ音ににもかかわらず4種類のアクセントで意味が違ったりと、ただ歌うだけでも難易度が高かったんだと思う。もし彼女がほんとに日本語を話そうとしていれば、中国語なら文法が近いので、たぶん日本語のほうがはるかに難しいだろうと思う。してないからあーいう発言なんだろうな。

他の国のも見てみたんだけど、中国語が一番難しいっぽかった。発音やアクセントがどれだけ出来てるのか知らないけど、どこの国の言葉も結構きちんと言えてる感じはした。でも中国語だけはどうも早送りしてるっぽい。ほんとに難しかったんだろうなー。

05
05

Squirrel: (発音がむずい)

ねじくんちのアパートは2棟が背中合わせに立ってて、リビング側が道路側に面していて、下に駐車場。ベッドルーム側は軽く手入れのされた緑地で木とかも立ってる。1階の人はベッドルーム側から出てバーベキューとか出来るかんじ。

今朝、起きてといっても9時とか10時だけど、換気にベッドルームの窓をあけたらリスが6、7匹いて驚いた。木登りしたりじゃれあってるリスもいた。普段も1,2匹なら良く見かけるけど、こんなにいっぺんに見かけると、やつらは思ったよりも体でかいし、ちょっと気持ち悪いかも。

05
04

Job Fair: (いってきたー)

自分はいわゆる総合職でなくて、やっぱり専門職に就きたいんだなー、と客観的に知ることが出来た。これは良かった。大学生だったころ、就職活動の時に、新宿辺りで開かれたジョブフェアーに一回だけ行った事があるんだけど、どのブースもいまいちピンと来なくて、結局、デザイナーなんだけどどんな職を探したらいいの?と受付で聞いて帰ってきたことを思い出した。デジャブだな。

自分はアメリカに来てなんでもやるぞ!って気持ちになってるかと思ったけど、総合職ってのにはやはり興味がもてないんだなぁって思った。仕事が出来るなら事務職だろうがそれに越したことはもちろんないけど、客観的に見るに外国人をわざわざ選ぶメリットって少ないよなぁと思うと腰も引けるわけで。

ただ今日に向けて英語で今までのヒストリーをひそかにブログで書きながら(レジュメの参考資料としてもつかえるかな、と)自分のやる気を確認できたし、今日何年振りかに着たスーツはとても自分の気持ちを引き締めてくれた。レジュメもいい感じのができたし、今週中にいくつかターゲットを探して送ってみようと思う。

そういや、マンパワー(いわゆる派遣)ってとこがあったから、もしかしたら何か職を紹介してくれるかも(無いと思うけど)、とレジュメを渡しといた。

05
03

Suits People's Coming By: (なにごと?)

夕方近くにノックがあったので出てみた。本当は出たくないけどのぞき窓がないし、出ない習慣を付けてしまうと荷物が届いたときとか出なきゃいけないときに困るわけで。なので日の明るいうちはなるべく出るようにしている。んで出てみると3人のスーツ姿の人たちが立っていた。スーツを着る人なんて普段見かけないから何事かと思った。そういえば昨日オフィスに行ったから電気会社の人たちかと思ったら違った。

彼らは教会の人たちらしく、いわゆる神の教えを広める活動をしてるってとこなのだろう。ひとりでも多くのひとを自分達の教会に呼ぼうというかんじらしい。なわけで日曜に教会に暇なら行くかもということになった。たぶん行かないんだけど。別に日本にいたころのような宗教に対するうさんくささがあるわけではないんだけど。

宗教のことをとやかく言うつもりはないし見えない力、例えば出会い、縁とか、の存在が神であるというのなら自分だって神の存在は認めざるを得ない。アメリカで生活してる自分を客観的に見るに今でもどうしてここまでこれたのか、ましてやここで仕事を探そうとしてるなんて、不思議にならざるを得ない。

だから大きな決断をできた自分に何か別の力が働いた、それが神の存在する証拠だ、というのならそれは正直否定しない。しかし、テストがうまくいった、とか、大学を無事卒業できた、とかいうものにわざわざ神を持ち込むまねはしたくない。頑張ったのは自分の力でしょ。いやいや、頑張れたことがそもそも神の力なのですよ、とか仮にいわれたとしても、今の自分は間違いなく引く。

自分自身の存在意義として、自分という感情を持って生まれてきた以上、自分の力でなにかを掴み取った、という感覚は持ち続けていたい。生きるってそういうことだろう。すべてのことを神の力だ、とか言ってしまうと、しまいには自分の頑張る意味を見失ってしまう。だからいろんなことを考えていたい。この世に生を受けた、それはもしかしたら神の力かもしれないが、自分自身の頑張りや、家族や、自分のまわりの人たちの協力がなければ、今ここに私は存在しなかったのも事実だろう。

自分はまだ振り返る余裕もないので、もう少し時間が経ってから神の存在をゆっくり考えればいいのかな、というのが正直な意見だ。今むりくりに、神のことを考えろ、といわれても、逆に鬱陶しく思うだけだ。今はその「時期」ではないのだ。

なんてことを彼らに言えればよかったのだろうけど、そんなことをいえる英語の能力はないわけで、いくかもーなんて返事になるんだけど。

世界にいくらだって不幸な人たちがいる。戦争はなぜ起こるのか。不幸な被害者、死んでいく彼らに神は本当に存在するの?とか神の存在を否定する理由付けっていくらでもある。ねじくんは日本という国に生まれ長く生きてきたから、正直今後何かの宗教の信者になるってことはないと思う。

ただ、宗教には期待している部分もある。いわゆる宗教の持つ倫理観というものだ。正直なところ、ねじくんの持つ「うすぺらな知識」の中では、キリスト教に関して言えば、世界に広まることで戦争は少しづつ減っていくとは思っていたりもする。戦争や犯罪を防ぐ「デバイス」として、キリスト教を広めようと考えるのであれば、それはいいことだね、と今でもいえるとは思う。ただ、宗教団体だってお金は必要だしねー、と。まあこういうのは今考えてもきりがない。

05
01

Power Bill: (電気料金の請求書)

今日で4月は終わり。来月の家賃を払うために近くのバンクオブアメリカへ。いつものようにクレジットカードで日本の銀行からお金を下ろそうとしたんだけど、担当の人曰くカードが使えないので日本の銀行に問い合わせて欲しいとのこと。仕方ないので近所のほかの銀行へ。こっちでは普通にやってもらえた。担当の人にバンクオブアメリカで出来なかったんだけど、というと、その人が言うには、バンクオブアメリカの担当がカードの使い方がわからなかったんじゃないか、とのこと。こんなの誰にでも出来るはずだ、と。おろしたお金でマネーオーダー(家賃は小切手で支払う)も購入。

そのあとオフィスに行って5月の家賃を支払い、駐車場のチケットもらった。そのあと電気料金の請求書が届かないというと電気会社に電話をしてくれた。どうやら明日請求書をポストに入れてくれるらしい。ついでに額も聞いてくれて2ケ月で70ドルちょっとだったらしい(聞き間違いじゃないと思うけど)。

節約生活はしてるものの、日本にいたころは冬とか電気だけで1万4,5千円(一人暮らし)、ガスも8千円とか普通に払ったことあるねじくんだ。毎日電気コンロで食事やコーヒー作るし、たまにオーブンでケーキやピザだって作る。さらにこっちの電気代はグランドヒーティングやお湯を温めるのもすべて電気代に含まれるから、月に100~150ドル前後で計300ドル前後を予想してたんだけど、あまりに安い請求額を聞いて一気に力が抜けてしまった。寒いの我慢しないでもっとヒーターとか使っても平気だったのか!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。