screw log 3.5

ねじくんの山梨編

--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11
30

Library

そういえば英会話の先生が今の日本の総理は現アメリカ大統領とおなじでちょっと頭が悪いよね、って言ってた。

昨日は会社でお仕事。11月の植物当番だったので植物を日のあたる食堂に移動して液肥をあげて葉に水やり。もちろんプロジェクトの作業もしましたとも。昼飯を持って行かなかったので昼過ぎにカップ麺の自販機が食堂にあるのでそれで済ませた。140円で昼飯が済むと妙に得した気分だな。チームの人にゆずをもらった。ゆずの香りっていいなぁ。しばらく自分の机において、悪くなる前に持ち帰ってゆず湯にしようと思う。ゆずの木は実がなるまでに10年とかすごい年月を要するらしい。ただある程度まで育てば後は放っておいても実がなるんだとか。今日は図書館で勉強するぞー。

スポンサーサイト
11
29

Listening

今日は英会話。来週は火曜日に変更・・・と。メモメモ。いつも授業後にいろいろ話を聞かせてくれるんだけど、この先生の話はおもしろい。あと先生は意識してクリアでゆっくり発音してくれるので聞きやすい。昨日授業後にアーストラリア人のゴードンという先生の友達がオフィスに遊びにきたんだけどなかなかどうして聞き取りにくい。サインフェルドというコメディ番組を教えてもらった。この番組は比較的簡単な英語でゆっくり話すので聞き取りやすいそうな。

pop by(through)=come by(through)
my homeboy=my friend
buzz=call
Tic-tac-toe=丸バツゲーム

11
28

That's What I'm Trying to Get

チャリ通はなかなか楽しい。セーターは編み目からかなり風が入るので上着として着る時期って以外と早くなるのだなぁと思った。

昨日は社長と上司とお話。開発環境とか仕事のスタイルについて。自分のアイディアを実践してみたいんだけどどうしましょう、みたいな話をしたんだけど、2人とも自分の意見を尊重してくれて嬉しかった。あとは自分を今の会社に引っ張ってくれた上司とやろうとしていることや考えていることの方向性や情熱が結構リンクしていたのがとても嬉しかった。ただ、実際にそれを実践するためには(上司もそうだって言ってたんだけど)、周りの理解を得るのがとても骨が折れるということ。肩書きとかセクションとかあまり意識せずに、良いと思えること、良くしようと思っていることについて、主観や垣根を取り払って共有することを大事にして行きたいと思っているんだけど、たったそれだけのことが結構難しいということ。結構しみじみしてしまったのが、皆のためによかれと思っていてやっていることがうまく共有できず、帰って自分が浮いてしまうことで、妙な「俺ってなんなの?」的な状況にたまに追い込まれそうになる、という話。ゲームを作る仕事ってゲームだけを作ってる訳じゃないし、チームを作り上げること、環境を作ること、会社を作ること、人を育てることって、ゲームを作ることよりよっぽど難易度が高くて大変なんだけど、とても大事なことだしもしかしたらゲームを作り上げる以上の充実感のある仕事だと個人的には思っていて、この気持ちの共有ってのが出来るとすごいのになぁと思ったりする。めちゃ難しい。自分の話から上司の今の体験談にシフトした昨日の話し合いだけど、上司の苦労がめちゃめちゃ手に取るように分かり興味深く興味深かった。その中でもまだまだ高みを目指そうとしてるのが自分的には心強かった。

11
26

Bicycle

以前会社の粗大ゴミとして捨てられそうになってた自転車をなんとなく救出したんだけど、結局まったく乗らずに会社の駐車場に再び放置されてた。今日久々に徒歩通勤をしたので、帰りにチャリで帰ることにした。ようやく自宅にチャリが来た。以前にも徒歩通勤して帰りに自転車に乗って帰って来ようと思った時があったんだけど、家を出た瞬間に自転車の鍵(ホームセンターで500円で購入。タダのチャリにお金をかけるのがとても勿体ないと思った記憶が)を忘れ、戻れば1、2分なのに面倒でそのまま歩いて会社に行って帰りも自転車なして歩いて帰ってきた時があった。そのあと自転車の鍵だけは会社におくようにしてて次のチャンスを狙ってたんだけどいよいよ今日念願?かなったかんじ。明日はチャリ通にしよう。つか帰りは首と手が寒いな。

11
25

Kabuki-cho

久々にいつものメンツ?に再開。苦楽を共にしてきただけあって、いろいろな話を共有できて楽しかった。たぶん、いつか、また、一緒に仕事ができるでしょう。という思いを込めて次は半年後あたりを目処にやって行こうかと思ったり。ちなみに飲み会に選んだ場所は新宿歌舞伎町のティハールというインド・ネパール系のお店。ビルの屋上に異国情緒ある横町ができてる。屋上なので寒いのかと思ったけど屋根があるし暖房も効いてるのでさむくなかった。3時間で4500円とちょい高めかもしれないけど本場ベリーダンスショーも見れたし面白かった。参加はできなくて良かったんだけど・・・。

弟のとこに泊めてもらって1周年記念にもらった時計を自慢。1万ちょい(定価は1万7千くらいだけどアマゾンで買うとやすい)でソーラーで電波時計なのは良い感じだよね~と。

11
23

Know Me Party

正社員になると都内への旅費が月2回タダになる嬉しいシステムがあるんだけど、今回初めて使ってみることに。前の会社の友人と会うんだけど予定あわせるの結構苦労した。みんな偉くなったり家族増えたり遠くに行ってしまったり。前回もねじくんが帰国後同じような時期に企画したんだけど、そのときは年越して2月になったから今回も心配だったけど早めに切りが付いて良かった。

11
20

Stinky

会社のフロアがくさい。ねじくん的にはよっちゃんいか。他のひと曰くトイレみたい。寒くなってきたのでフロアに暖房を入れたんだけどどうやらそれが原因っぽい。ダクトの中がなんか駄目なのかも。業者が来て調べてくれるみたいなんだけど、しばらくはこの臭いをがまんしないと。フロアに入る瞬間にふわぁんとするのが結構不快。

11
18

Yellow Urine

肝臓が悪いと疲れるし、顔がむくみやすくなるし尿が黄色くなる。おまけに黄疸とかでちゃうみたい。健康診断のころはしばらくずっと尿が黄色くてちょっと疲れているだけで別に何も悪くないだろうと思ってたら結果、肝臓の数値があんまり宜しくなくてちょっとがっくし。んでネットで調べてみたら肝臓が原因でいろいろな症状が出るらしいと。食べ物はどうも豆が良いみたいで、豆腐と納豆を食べるようにしてみた。みそ汁も飲んでる。最近は結構薄い感じに戻った気がするんだけど、また戻るといやだからこれは続けて行きたい。んで来年ばっちり数字がもとにもどるとよいなぁと。

11
16

Presidential Directive?

そういえば今国会で国籍法改正が問題になってるけど、こういうあまり何も考えない悪法がさくっと決まってしまうのは何とかならないんだろうか。民主党がバックレとかもう日本の政治終っていいよ。ってかんじで、こんなことは日本だけかと思ったらアメリカでもブッシュが最後っぺみたいな感じで悪法を決議しようとしてるみたい。新大統領や議会決定によって否決されない限り、法的拘束力を持つ「大統領令」っていうのがあるみたいなんだけど、去りゆく大統領にとっては伝家の宝刀らしい。ブッシュが去り際にばしっと法案を通して60日経過するとオバマが就任後ではもう遅いんだとか。90とかあるみたいなんだけど、英会話の先生に教えてもらったのは、警官が「こいつ怪しい」と思ったらその確たる証拠がなくても盗聴とか尾行とか何でも出来ちゃうんだとか。普通にストーカーじゃん。だれが得するのさ、みたいな法が通ろうとしてて怖いんだって。プライバシーゼロ。先生から聞いただけだからなにがどこまであってるかはよくわからんけど。

11
15

Produce Myself

英会話の先生と授業後いろいろ話した。外人さんてみんなああなのか?つうかこの先生に出会えたことは結構ラッキーなんじゃないかと思った。

今回はニューヨークにいた頃のことを教えてもらったんだけど、学生時代はバーテンで、社会人になってまずは高級レストランのサーバーをしてたらしい。サーバーっていってもただ食事を席へ運ぶだけじゃなくて、メニューに関する知識を完璧に覚え、調理法や材料をお客さんに教えたりするのも仕事なのだ。とうぜん食事を出す時のマナーもあったり、右から差し出して左からさげる等。チップが1テーブルから200ドルとか出ることもあるんだとか。1つのテーブルにはテーブルの片付けする人、サーバー、ワインガイ、あと誰か。って感じで4人くらいいるみたいなので実際にはそれが全部彼の手に行く訳ではないらしい。でもディナーの時間が1日4、5時間、そして週3日程度勤務して週に20万とか稼いでいたらしい。週休3、4日でそれかよ~。

NYCの街でも華麗に生きていたみたい。とにかく人脈を活かしたり、時にはドアボーイにお金渡して外で並ぶ人達を横目にバーやクラブに入ったり。VIPルームや赤絨毯も沢山経験してたらしい。予約が半年埋まるレストランもレストラン勤務のつてでうまく都合してもらったり。実際にはツテだけではなくて、格好もおしゃれに決めて、ちょっとセレブな感じに決めることでまわりにさもそこにいて当然と思わせるようにもしてたみたい。このへんはプロデュースだなぁと。賢い生き方をしてるように感じた。このひとはすごいなとおもった。

NYCかえりたくないの?って聞いたら今はかえっても不況だから帰らないって言ってた。不況の時は勉強する時なんだって。景気が良くなると忙しくて勉強なんて出来ないから今こういう時期にきちんと勉強して、それを未来に活かすんだそうな。ふむーなるほどね。考えてるなぁ。先生はこの日本でまずはビジネスを成功させたい(本業の英会話学校以外にもクラブのイベント関係にも参加してるみたい)、というのと日本語の資格を何かとりたいって言ってた。将来はNYCの日本大使館で仕事できたらお金がっぽりだー、とか言ってた。

まー先生の日本語はまだまだだけど、いつかやってしまいそうな感じはある。なんつうかたくましい。鹿児島に住んでるALTの友達もそうだけど、アメリカ人の背中は夢と希望で溢れてる。1度しかない人生。如何に自分をプロデュースするかってとても大事。すこしぐらい落ちてもすぐに立ち直れる自信とバックグラウンドを彼らはきちんと作ろうとしてる。

11
14

Tariff

そういえばHollisterから服届いたしamazonからも本が届いた。んでもって関税の支払書も届いた。本の方もくるのかな。とりあえず服だけ。今回は4500円。結構高いな。関税が2700円。消費税が1100円に地方消費税が200円と。今回は420ドルくらいの買い物で送料がこの他に75ドルくらい。今回関税の紙を良く見たら関税が10%くらいなんだけど、何に対して10%をかけてるのかと思ってよくみてみたら仕入書価格とかいてあった。なるほど~。

つうことで本読まないと。

11
11

80

近所のホームセンターの灯油の値段が一気に下がってて驚いた。今月頭に灯油買った時はリッター95円だったのに今日みたら80円になってた。ここまでくるとむしろ去年よりやすいかも。今年の冬も石油ファンヒーターにお世話になる感じ。

11
10

Gay Marriage is a Sin?

カリフォルニアのゲイの結婚が禁止になった件ってそういえば英会話の先生も言ってたけど、これはとても気の毒なことだけど、アメリカ人の多くはクリスチャンだからね、とのこと。キリスト教は同性愛を禁じてるのでした。自由を認めることも大事だし、アメリカ人の信仰のベースにあるキリスト教の教えも守らないといけないという。前にアメリカにいたときにクリスチャンの人に話を聞いたときは、今のアメリカ人はキリストが神じゃなくてお金が神だからねー、と敬虔なクリスチャンが減っていることを嘆いていたけど、カリフォルニアの結果を見る限り、今もキリスト教はとても大事なものとして国民の中にあるのかもしれない。同姓婚の自由が却下されたのは悲しいことだけど、いろいろな人の視点をリスペクトしてこその自由の国アメリカなのかも。まーただ、他人の自由を奪ってまで自分の信じるキリストの意志を全うしようと言うのは違うような気はする。

そういえばドラクエ5をクリアした。面白かった。今回はスライムナイト2匹以外はモンスターを仲間にせず最後は4人家族で頑張ってみた。相手はデボラ。

11
08

Conspiracy

先週は飲み会に出たので英会話レッスンは別の日に変えてもらうことにしたので今日が2週振りのレッスン。聞いてみると実は先生も先週の金曜は風邪でクラスをキャンセルしてたらしい。んで今日は2人の生徒がそれぞれお休みで、プライベートレッスンになった。得した気分だ。

まあなんと言ってもレッスンよりも会話はまずはオバマの話。黒人大統領に先生もかなり興奮気味。ちなみに日本からの投票はできたみたいなんだけど、結局しなかったみたい。州内の選挙人得票数が民主党と共和党がお互い僅差だった場合、外国在住の人の票がはじめて参照されるとのことで、もともと差がついてしまっている州は外国からの票は意味無いみたい。先生はニューヨークなんだけど、さくっと民主党が買ったので投票した所で意味なかったみたい。まあとにかく勝って良かったねということで。

日本の反応はどう?と聞かれたので、日本はオバマは好きだけど、政党的には親日の共和党の方がいいみたいよ、という話をしたら、日本と共和党、民主党の関係をグラフで教えてくれた。実はこの辺よく知らないのだ。共和党ってのは日本もアメリカも金持ちが喜ぶ仕組みになるらしく、民主党はみんなが喜ぶ仕組みを考えるそうな。民主党の場合、たしかにアメリカの利益を優先するので政策的には確かに日本には外交的に不利な面が多いが、アメリカが裕福だと日本も裕福という面はあるよね、という話みたい。先生の話を聞く限り、まずはオバマが世界を立て直し、結果日本も景気が良くなる、という図式だ。クリントン政権の頃は実際日本はどうだったのだろう?バブルの頃だっけ?ねじくんあんまよくしらない。まあとにかく1月からの4年間はオバマの政策から目が離せないね、と。

あとは盗まれた車が横浜の港の倉庫から見つかった話の続報。犯人が見つかったらしい。というのも昔のみ友達だったブラジル人の知り合いが盗んだというのを教えてくれたみたい。んで彼からよくよく話を聞いてみると、盗んだのは焼き肉や日本人。スクラップにしたのはポルトガル人、倉庫に保管してたのが日本人らしい。んでその話の流れを聞いてみると、どうやらその4人が繋がっていそう、とうこと。要はグル。なんだけど、彼ら4人の関係がイマイチ掴めない。なんといっても言語。お互いに話す言語がバラバラだから、接点やコミュニケーション手段がつかめない。感じ的にはそのブラジル人は車の販売をしてて日本にはかなり長く住んでるため、おそらく日本語が話せるのだろうということ(先生との会話は常にスペイン語か片言のポルトガル語だったみたい)。んで焼き肉屋とグルになって車を盗んだのだろうと。つかすごい話だ。

警察から写真が届いたとのことで見せてもらったけど、見事に車がまっぷたつになってた。まっぷたつにするのは日本の法律ではまっぷたつになった時点で「車」と見なされないでパーツとなるため、車体晩後が同じと言った所で、日本の法律的にはただの鉄くずの塊らしい。法律の抜け穴?んで海外に持ってってくっつけて売るみたい。

車を盗む→まっぷたつ→持ち主の所有権消える→鉄くずを買う業者→倉庫管理者→輸出

こんなかんじみたい。警察も大きな事件だからこれらの繋がりを追ってるんだろうけど、そこに言語問題まで加わってちとややこしくなってたりするみたい。とにかく漫画みたいな話がここ山梨で起きてたりする。とんでもすぎてI'm sorry(お気持ち察します)も口から出て来なかった。

11
07

Yes, We Can. And No, You Can't.

オバマにはとんでもない数のボディーガードがついてるらしい。それはこれからますます多くなるだろうということで、KKKを代表とする白人至上主義者から戦争をビジネスとしている組織までその他いろいろみたいで、もし仮に暗殺されてもどこの組織かすら特定するのが大変なくらいみたい。JFK、キング牧師、ジョンレノンとかアメリカで自由主義を訴えてきた有名人はことごとく暗殺の目に遭ってたりして、オバマもその標的になろうとしてる(というかもうなってる)のね。

大統領選挙と一緒に注目されたのがカリフォルニアのProposition8の可否。カリフォルニアではゲイカップルの結婚が認められているけど、それを認めなくします、っていう提案で、他にも項目はいくつかあるんだけど、これらに対して投票が行われ、結果、ゲイの結婚は認められなくなったという。

世界に向けてアメリカが自由を訴えるというオバマ大統領の誕生と同時に、皮肉にもその意思と逆行するようなゲイカップルの結婚の禁止がカリフォルニアという大都市で否決され、とても複雑な感じ。アップルもグーグルも反対してたのに。なわけで以外と自由への道って険しそうだな~と感じた。アメリカの明と暗を同時に見たような。

11
05

Next Four Years

オバマが大統領になった。yahoo.comの開票速報をずっと見てたけど、昼ご飯食べて戻ってきたら決まってた。勢力地図を見てみるとやっぱり中部や南部が真っ赤で、保守的な感じなのね、っていうか。オバマの政策は正直未知数だけど、停滞したこの世界の流れに大きな変化を求めるこれからの4年にはパワーが必要。となるとやっぱ72歳の老体マケインでは難しい気がして、若いってだけでもオバマにはかなりアドバンテージがあったんじゃないかと。オバマが日本にどのような影響を与えてくれるのか結構興味がある。

んなわけで、うらやましいなぁアメリカ。選挙でこんなに盛り上がれるなんて。日本も大統領制になったら国民の関心も少しは変わるのかな。

11
05

Why we vote on Tuesday?

いよいよアメリカは大統領選挙。オバマが勝つのかな。黒人(アフリカンアメリカン)大統領誕生なんて24だけの世界かと思ってたけど実際に起きようとしてて、これはアメリカ及び世界的に歴史的大事件!みたいな所がある。アメリカは多民族国家でそれゆえ人種問題は沢山あるけど、黒人大統領誕生とともに「世界に人種的な国境なし」ってのを超大国アメリカが全世界に示せる、ってのは大きいかなと。日本の政治的には民主党よりも共産党なのかもしれないけど、歴史的な不況のさなか、アメリカ含め世界には大きな変化が必要なのかな、って感じがするわけで、オバマのような若い力が世界にいろいろな影響を与えて行くのはもしかしたら悪くないのかもしれないとも思ったりして、日本もアメリカと新しい関係作りがオバマを通して出来ると良いなぁ。それは無理か。

んなわけで、ねじくんはなんとなしにYahoo.comをトップページに設定してるんだけど、今回「Why we vote on Tuesday?(なんで火曜日投票なの?)」って記事があったので読んでみた。答えは、短く言うと「昔アメリカは農耕国家だったから」ということみたい。要は、農家は収穫までは忙しくて選挙どころじゃなくて、かといってあんまり遅くしすぎて寒くなるとでかけるのも億劫だから秋ぐらいがいいんじゃないの、ということになったらしい。たしかにこの時機を逃すとアメリカはサンクスギビングもクリスマスもあってまた忙しいしね。

昔々、まだ車がメインの交通手段じゃなかった頃、人々は馬で投票所に行ってたみたいで、クリスチャンの多いアメリカ人は、日曜日は教会でのservice(集会礼拝)に参加する。んで馬で一昼夜かかる投票所に行くことを考えると、もし月曜に投票が行われると投票できない人がでてくる。ってことで、火曜になったみたい。月曜と水曜は人は馬に乗り移動。火曜日は人間は投票して馬はその間休んでいたそうな。教会に投票箱おけば良かったのに、と思わないでもないけど、教会組織が政治に関与してはいけないからそれは無理なんだろうけど。

11
02

Hangover

金曜は会社の人と飲みに行ったんだけど、ちょっと飲み過ぎたのか飲み合わせが悪かったのか、トイレで吐いてしまった。男性用トイレが小しかなくてそこに思い切り吐いてしまったので流れない。店の人及び他のお客さんには悪いことしたなぁと。店から部屋に戻るまではなんとか意識を保っていたので、記憶は飛んでいないはずなんだけど、帰りの車で吐いてないかだけがちょっと心配。昨日も半日気持ちが悪かった。胃の中が空っぽだから吐くとアルコールの苦みが口の中に二郎ガルのがとても辛くて、かといって胃がムカムカするから食べたくないというか。良いお酒だったけど最後はとにかく反省。サワー系の飲み過ぎはいろんなのが混じって良くないのかな。

ベッドルームにはエアコンがないんだけど、エアコンを付けられるように屋外機用のパイプの穴が開いているんだけど(部屋側はプラスチックの蓋がされている)、朝になるとそこがいつも騒がしい。鳥がちゅんちゅんやってるのだ。今朝中をのぞいてみたんだけど、巣は出来ていないみたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。