screw log 3.5

ねじくんの山梨編

--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01
30

Pride

発売前からずっと気になってたゲームがあって、WEBの設定とかPV見て盛り上がり、ブログ見て開発者の楽しさが直に伝わってきてすんごい期待してた。そしてそのゲームが発売された。でも実際には自分の予想をはるかに越えて売れなかった。そこで冷静になってみた。時期やCM投下量というのもあるだろうから発売後の口コミで広がれば、とも思ったけど、ゲームのテンポが非常に悪い。ストーリーは良さそうだし絵も奇麗。ただ世界観は一般向けではなかったかな、とか。しっとり遊ぶつもりが妙に慌ただしかったり怖かったり。素材のアレンジと世界観的に不必要な遊びはざっくり省いた方がもっと仕上がりは良かったかも。等々あるわけだけど、総じて一般向けではなかったなぁと。何をするのかもぱっと伝わらない。PVの編集は映画のトレーラーのようにいいとこ取りされていてすごく惹かれたわけだけど、これはゲームなんだよなぁと。間違いなく開発は楽しかったと思うし、結果が伴えばまた違うんだろうけど現状は開発者もユーザーも報われてない印象。個人的には続編を期待する一方でたぶん出ないだろうな、とも思う。最近1101.comで昔の岩田さんのインタビュー記事を見た。宮本さんについて語ってたんだけど、こだわりをすごく持つ一方でユーザーの反応にはすごく冷静で自分の意図が伝わらないと見るとすぐ方向転換が出来る事が彼の強み、みたいな事を書いてあった。自分たちの今行っている開発でも実際、商品か、それとも作品か、なんて言葉が今旬になってるんだけど、やっぱり作り手の気持ちや熱意はそのままではユーザーには伝わらない。モチベーション至上主義なので、作品をつくることについてねじくんは否定派じゃないけど、そこに多くの人々の生活がかかったり、ユーザーという目標がある以上、まずは商品である、というのは大事な事だと思う。このへんは作り手のプライドのシフトの仕方次第でどうとでもなるのかなとも思う反面、作り手同士でこの部分のコンセンサスをとるのは非常に難しいとも感じたりする。

スポンサーサイト
01
28

Teku Teku Angel

最近の仕事はまったりモード。早く帰るのがデフォルトになってるので、忙しくなってきたらまた午前様モードに戻れるか不安だ。父親が誕生日だったので両親に万歩計を送ってみた。二人ともウォーキングしてるからどうせなら二人だろう、みたいな。てくてくエンジェルとかいうやつで歩きながらキャラクターを育てるものにしてみた。日本の街道を歩く万歩計もあったんだけど、はやくゴールにたどり着きたいばかりに無理に歩くという風になってもよくないよなー、とこれにしてみた。なにげに自分も欲しかったりして。まー無事使いこなしてくれる事を祈るばかり。

01
25

Wall-E

友達とWall-E見るつもりで都内のモールに行ったんだけど、そこのが吹き替えでがっかりしてなんとなく映画はキャンセル。モール内の本屋で都内の他の場所を探すつもりがラーメン特集に目を奪われ予定変更。何件かチェックしてとりあえず、ってかんじで吉祥寺にいく事にした。行ってきたのは拉麺武蔵虎洞ってとこ。吉祥寺駅前の同じラーメン特集で見つけたぶぶかとかいうラーメン屋さんの近くのパーキングに停めた後に交番で道を聞いたりしながらなんとか到着。店の前の券売機で虎麺1000円と味玉つけ麺900円とかたのんだような。つけ麺のつゆは食べた後にお湯を入れてくれてカウンター席の前においてある薬味を入れて楽しめたりする。スープは魚ベースでなかなか美味しいけど、次吉祥寺に来る時は他の美味しいラーメン屋でもいいかな、とも思ったりして。そういえば社員とバイトを募集してて、社員は月給32万らしい。

山梨から都内に出るときに雪が結構舞っていたりしてねじくんはノーマルタイヤしか持ってないしチェーンすら買ってないので帰りがとても不安だった。案の定、帰りの高速道路はチェーン規制になっており、どこかで立ち往生かなぁとか思ってたんだけど、一番積もって周りが雪化粧で真っ白になってた談合坂でも道は濡れている程度で普通に走れたし、全体的に普段よりもかなーりスピードを抑えて走ってきたので特に不安なく戻ってこれた。あと都内に出る時はかならず八王子で降りるようにすると首都高と首都高へのつなぎの自動車道の料金が無駄にかからないので昼までも半額くらいまで出費を抑えられるのがよい。

01
24

Passport Center

3月末の仕事での海外視察用にパスポートが必要でもうちょっと後でもいいかと思ってたんだけど、飛行機のチケットをとるのにパスポートのコピーが必要に。遅くても2月頭くらいまでにはほしいな、ってことで、去年の6月にパスポートが切れてしまったので、新規申請のために山梨のパスポートセンターに行ってきた。必要書類の中の戸籍抄本(謄本)が地元でしか取れないと市役所で言われて実家にお願いしたけど、書類がきちんとそろってたから手続きはあっという間に終った。センターも全然混んでなかった。パスポートができるまでに6営業日かかるらしい。ぶじできるとよいなぁと。前回は赤いパスポートがいやだったから5年の青にしたんだけど、今回は素直に10年にしてみた。これからの10年、自分はどう海外と繋がっていくのだろう、なんて考えるとわくわくしたりする。失効したパスポートは想い出がつまってるから処分されたらいやだなーとひやひやしたけど、表紙にぷつぷつ穴開けただけで返してくれた。よかったよかった。

01
22

Power Bill

そういえば今月の電気代が先月よりも1000円くらい高かった。暖房は灯油なんで特に上がる要素はないんだけどな。ふと今月普段使わないものをおもいついた。年賀状用に動かしたプリンターかなぁと。プリント50枚とかしたからこれの電気代かな~。もしくは単純に乾燥機を普段より多く使ったのかな。不明。

01
22

Intercommunication

双方向コミュニケーションの意味は、互いに互いを知るということだと思うけど、これはどういうことなんでしょ?ということで、コミュニケーションの本質をきっちり定義付けしてみた。その人の意見や考え方というのは、その人の価値観により生まれるもので、その価値観はその人の育ってきた環境に依存するものであり、ある物事があったとして、それについての見方、見解はひとそれぞれそもそも違う、という考え方にまずたどり着きたい。その上で、分かり合う事を考えていくと、つまり価値観を共有しないといけないという事で、違う環境で育ったお互いが一つの価値観を共有するためにはどうしないといけないかというと、伝える事が必要。んで伝える事って何よ、っていうと、分かる一方が分からない一方に「教える事」だったのだな~と。んで教えるってことの本質は「我慢」だよなぁと。なんかうまいたとえが無いけど、まるで子を育てる親のような感覚なのかなぁと。コミュニケーション不足ってさらっと問題定義をするのは簡単だけど、その本質を知る事、それに対し行動する事って意外と難しく、そして深く、辛い作業なのだなぁと。

01
18

Ryozanpaku

ここの肉あんかけチャーハンがおいしいとのことで、青梅街道沿いにある梁山泊っていう中華料理屋さんに行ってきた。うまかった。皿に中のチャーハンが隠れるように肉あんかけが乗ってるんだけど、おいしくてさくっと完食してしまった。大盛りにすれば良かったな。またたべたい。

01
18

Body of Lies

友達がチケットをゲットしたので都内に行ってみてきた。予備知識なしに見に行ったので映画タイトルのワールドオブライズと上映後のはじめのキャストの表示前に大きく表示されたBody of Liesが妙に気になった。たぶんこれが英語タイトルなのねーみたいなかんじで。調べてみたらそうで、Bodyには実は諜報活動上身分を偽るってことで「体」、死んでいく人達ということで「死体」、組織活動なので「集団」とかって意味があるのでは、ってかんじみたい。日本語タイトルはそれらをひっくるめてWorld「世界」に置き換えちゃってるけど、それってどうなんだろ。なんといっても1番困るのは外人さんと映画の話が出来ない事。外人さんは英語タイトルで覚えてるし、こっちは邦題しか知らないわけで。たとえば外人さんにRemmy's Delicious Restaurantと説明してもRatatouilleでおぼえてるわけで。

肝心な映画の内容だけどかなりおもしろかった。前日徹夜で朝2時間くらいしか仮眠をとってなくて映画の途中寝ちゃいそうだ・・・なんて思ってたけど大丈夫だった。そのくらい集中してみれた。ディカプリオって格好いい王子様的昔のイメージしか持ち合わせてなくて、久々にみた彼はもっとワイルドな印象でアクションもばっちりはまってかっこ良かったかも。
R12指定になっているのは拷問とかのグロめのシーンがあるからだと思うんだけど、SAWのようなグロさ抜群での描写になってないし変に引っ張らないのでそこまで残らなくてよかった。諜報部の組織が裏切り者とかにそういった拷問をしたりするからCIAは「拷問屋敷(だったかな)」って字幕んでるんだけど、音声聴いてるとFingernail Factoryって言ってたりする。拷問ってよく爪を剥がすシーンがあると思うんだけど、あれを皮肉って「大量にツメを生産する工場」って表現してるのね。あとはとにかくFuckin' Fuckin'うるさい映画だった。まー日本語で言うところの「超」みたいな意味で使うから、ちょっと乱暴な口語表現にするとどうしても出てくるよね、とか。とにかく楽しかった。久々の映画館。でかい画面はいいやね。

01
16

Yes We Cow


今年の年賀状をアップしてなかったのでアップしてみた。メッセージは去年のオバマの演説と今年の干支の牛をかけたシャレ。ほんとはThe Year of the Oxみたいなので、Cowではないっぽいけど、なんとなくOxよりもCowのほうがなじみがあるような気がする。

01
14

GoogleReader

SageというFirefoxのRSSリーダーを使ってたんだけど、ネットにデータおいとくとなにかと便利だよ、と弟に教えてもらってGoogleReaderを使い始めてみた。Googleのアカウントは持っていたんでさくっと作成。おすすめフィードがある辺りと全文、タイトル表示ができる事とか、レイアウトも思ったよりも悪くないので使えそう、というかんじでSage使うのをやめてみた。まだ購読リストが少ないのでこのタイミングで移行できたのは良い事だなと。今までのデータの移行はexport.opmlとかいうファイルを出力して読み込むだけで簡単だった。

01
13

English Lesson

年末にホストからクリスマスメールが届いたので返信したんだけど返事が来た。今の仕事の事、英語を習い始めた事、オバマに期待している事等書いて送ったんだけど、丁寧に返信してくれた。ねじくんのホストはワシントン州で、この州は反ブッシュな州なのでオバマネタを書いてみたんだけどやっぱりすごい期待してるのと反黒人主義の人達も多いのでとても心配してるって書いてた。うちのホストはソーダがすごい好きなので、いつもメールの最後にLess soda, OK?って書くんだけど、いよいよホストファーザーにドクターストップがかかったらしい。ホストマザーは糖尿の気があるのでダイエットコーク。あれはあれでアスパラテームっていう年伝説ではダイエットコークで脳腫瘍とかってのもあったりするのでこれはこれで心配。ホストファーザーに戻ると彼は見事なペプシ腹で、1日4、5本飲んでたからそりゃなるわな、と。ノーペプシ運動はなんとかやってるみたいだけどやっぱりやめるのは結構辛いみたい。

英語つながりで今日会社でアンビエントオクルージョンの説明をしてる英語ページをちょっと翻訳してみた。1、2時間あればちょっとしたページなら訳す事が出来る事が分かった。2002年のものだからかなり前の話なので、AOのレンダリングに5時間とか、精度を上げるために何枚もレンダリングしないといけないとかが書いてあり、時代の流れを感じたりもした。あとはアンビエントオクルージョンってグローバルイルミネーションの簡易実装として作られた手法であくまで光源計算の一部なんだけど、ほこりのたまる場所なんてのををシミュレートするDirtShaderなんてのもあったりするのね、とかわかった。

01
12

Sheepish-skin Mattress

午後からニトリと東京インテリアに。ニトリでもこもこの(シープなんちゃらって書いてた)シーツマットと掛け布団カバーを買った。東京インテリアでよさげなソファカバーを探そうと思ったんだけどいいのが無かった。そのあと夕方前に白州に水汲みに行ってみた。前日に雪降ったみたいで、国道は濡れてて道の周りは新雪で覆われていた。夜に行ったら路面凍結しててアウトだったかも。FMラジオ聴いたら白州近辺はチェーン規制をしてた模様。という訳で助かった。この時期の水汲みは昼間にした方が良いな、と思った。白州のファーマーズマーケットでトマトとリンゴを買ってみた。果物を買うなんてすごい久々。食べてみたらおいしかった。よいね果物。んでもって晩飯はカレーを作った。いつもと対して作り方は変えてないんだけどなんか今回はおいしく出来た。ご飯もちょうど良い水加減でよかった。今週いっぱいはカレーかな。新しいカバーとマットでベッドメイク。カバーはちょっと安っぽい感じがするけどまあいいか。両方で2800円だし。もこもこマットはめちゃ暖かくてナイス判断だったなぁと。

01
11

Chinese Town

週末は中華街に行ってきた。横浜には5年くらい住んでた気がするけど、中華街って行ったこと無かったような気がする・・・。車を停める場所がわからないから行くのを躊躇してた気が。梅欄とかいうところで食べたんだけど2階がお座敷になっていておどろいた。靴を脱いで階段を上がると普通の家みたい。そこにテーブルが所狭しと並んでいる。上がってくる客がおもわず「おじゃまします」というのも頷けるなぁと。味はまぁまぁうまかった。道ばたで売っている世界一の肉まんがうまかった。90円でちっこいやつ。結構広くて迷った。久々にバブルティを飲んだ。量はかなり少なめでコストパフォーマンスが悪いもののうまかった。次は設定金額を決めてちょっと良さげな所に行くのも手かも。

01
08

Too Late

ようやく年賀状を書く人リストを作成した。結局今年は80枚くらいになった。もうちょっと買い足してもいいのかも、ってかんじでもうしばらく年賀状送るまで時間がかかりそう。とりあえずは身近な会社の人に手渡し戦法をして、残りは郵送なのでますます時間が遅れる・・・。

ということでねじくん年賀状のおさらい。これを80枚とかかなり手間なのです・・・。

1、A4光沢紙に2枚印刷
2、それぞれカッターで切り取り
3、年賀状裏にスプレーのりを吹いてプリントした絵を貼る
4、ずれるので、はみ出た部分をカッターで切り取る
5、宛名とコメントを手書き

4をすると通常のはがきに比べ厚さが倍なのでそこは大抵の人が気づくけど、手で貼付けた風には見えないので以外に苦労が伝わらない罠。

01
07

Nitori

そういえばニトリ。ニトリいいなぁ。今回は枕と膝掛けとその他小物を買ってみた。寝るときに首回りが寒いので買ったふわふわの膝掛けをよだれかけみたいなかんじで使ってたりする。枕もたかだか700円くらいなんだけどふわふわして良い感じ。今回は手を出さなかったけどすごい起毛の立ったふかふかのシーツがほしい。1500円。寝るときにどうも上よりも下が冷たい事に気がついたのだー。今もマイクロファイバーの使ってるんだけどこれでもだめなかんじ。フロア歩いてるといろいろ欲しくなるなぁ。

01
06

New Year Cards

今日は新年初日だというのに体調不良でお休み。んでごほごほしながら年賀状作成してたり。なんとか会社の人達の分は終ったけど、他の人用の年賀状が足りてない事が判明。買っておかないと。さすがに体調悪化が怖いので本日分は終了。

ねじくんはエプソンのPM880ってプリンタを使ってるんだけど、ネットで調べてみたら2000年発売という事でもう8年使ってるのねぇ。1年に1度しか使わないし、画質とかこれ以上良くなる必要ないし、光沢紙使うとめちゃ奇麗なのでこのプリンタで十分。インクは専らリサイクルインクでカラー/白黒インク共に2個入で1600円くらい。今回はクリーニングしてもインクが出なくなったり、カートリッジが認識しなくなったりで、どちらも2個つかってしまいちょっと勿体なかったなぁ。エラープリントも大量に出したし。すこしづつ壊れ始めてるのかな。あと5年くらいは使いたいなぁ。リサイクルインクがそのときも買えるといいんだけど。純正の新品は高いからイヤ。

01
04

New Year's Come



無事年は明けたわけですが年賀状が終りません。下書きは年末の時点でできてたんですが、切羽詰まらないと手を動かさないのが災いして、清書するのにえらい時間がかかっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。